三条実起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
三条実起
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦6年11月14日1756年12月5日
死没 文政6年9月7日1823年10月10日
別名 転法輪前右大臣、号:後暁心院
官位 従一位右大臣
主君 桃園天皇後桜町天皇後桃園天皇光格天皇
氏族 三条家
父母 父:三条季晴、母:井伊直定
兄弟 実起、武者小路実純、大炊御門家孝
井伊直幸養女・美子
公修、押小路実茂、鹿園空晁、沖君
養子:胤麿
テンプレートを表示

三条 実起(さんじょう さねおき)は、江戸時代中期から後期にかけての公卿右大臣三条季晴の子。官位従一位右大臣三条家27代当主。主に桃園天皇(116代)から光格天皇(119代)に亘って朝廷に仕えた。

経歴[編集]

宝暦7年(1757年)に従五位上に叙爵。その後清華家三条家の当主として昇進し、明和元年(1764年)には従三位に達して公卿に列する。左近衛中将踏歌節会外弁・権中納言・権大納言などを歴任し、寛政4年(1792年)には右近衛大将・右馬寮監となる。寛政8年(1796年)に内大臣となるも翌年には辞した。

文化11年(1814年)に右大臣になるも同年中に辞す。その後は「転法輪前右大臣」と称された。文政6年(1823年)、薨去。享年68。

系譜[編集]

養子は二条治孝の子女数名。