三条西実隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
三条西実隆
Sanjōnishi Sanetaka.jpg
三条西実隆像紙形(土佐光信筆)
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 康正元年4月25日1455年5月11日
死没 天文6年10月3日1537年11月5日
改名 公世(初名)→公延→実隆
別名 号:逍遙院
墓所 京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町の二尊院
官位 正二位内大臣
主君 後土御門天皇後柏原天皇後奈良天皇
氏族 三条西家
父母 父:三条西公保、母:甘露寺房長
兄弟 実連、実隆
正室:勧修寺教秀三女
公順、公条、桂陽、保子、
正親町実胤室、勝興寺左計室
テンプレートを表示

三条西 実隆(さんじょうにし さねたか)は、室町時代後期から戦国時代にかけての公卿内大臣三条西公保の次男。官位正二位・内大臣。

経歴[編集]

京都武者小路の邸で誕生。当初の名は公世。

長禄2年(1458年)、兄・実連が死去し、家督相続者として扱われ従五位下に叙され、このとき公延と改名する。2日後に侍従に任官。寛正元年(1460年)、父・公保が死去する。このため、母方の叔父である甘露寺親長の後見を受けて家督を相続する。

応仁元年(1467年)、京都応仁の乱が発生し、鞍馬寺へ疎開。乱により三条西邸も焼失している。文明元年(1469年)、元服と同時に右近衛権少将に進み、実隆と改名する。永正3年(1506年)、内大臣となるが在職僅か2か月、任大臣大饗も開かずに致仕。永正13年(1516年)に出家。

人物[編集]

後土御門天皇後柏原天皇後奈良天皇の3代に仕えたが、後土御門の寵妃や、後柏原の女御で後奈良の生母の勧修寺藤子は義姉妹に当たり、天皇家とは深い縁戚関係にあった。

室町幕府将軍の足利義政足利義澄若狭国守護武田元信等と親交があったほか、文化人としての交流関係も多岐に亘り、一条兼良と共に和歌・古典の貴族文化を保持・発展させ、宗祇から古今伝授を受けている。また、武野紹鴎茶道を教え、大和国国人十市遠忠に和歌を教えるなど、貴族に多大な影響を与えた[1]。また、周防国大内義隆駿河国今川氏親とも親交が深かった。なお、実隆には当時としては珍しく側室がいなかった。

漢文日記『実隆公記』は、史料的価値もある。歌集に『雪玉集』『聞雪集』、著作に『詠歌大概抄』『高野山参詣記』など。源氏物語に関しては、系図として革新的な『実隆本源氏物語系図』を作った他、子・公条が『明星抄』を著す基礎も作った。浄土宗を信仰していた。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 編集者・源城政好『図解雑学戦国史』2005年、151頁。
  2. ^ 雲竜山勝興寺系譜』

参考文献[編集]

同書は青空文庫に収録されているので参照されたい。原勝郎 東山時代における一縉紳の生活

伝記・研究[編集]

  • 芳賀幸四郎『三条西実隆』吉川弘文館 人物叢書 1960
  • 宮川葉子『三条西実隆と古典学』風間書房 1995
  • 豊田恵子『コレクション日本歌人選 055 三条西実隆』笠間書院 2012