三松武夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三松武夫

三松 武夫(みまつ たけお、1876年明治9年)3月 - 1934年昭和9年)5月26日)は、日本の農商務官僚憲政会民政党県知事

経歴[編集]

大分県日田町で三松則之の二男として生まれる。第一高等学校を経て、1899年東京帝国大学法科大学政治学科を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。農商務省に入り農商務属となる。

以後、農商務省山林局事務官、同省農務局事務官、同省書記官などを歴任。

1914年7月、鳥取県知事に就任。1917年1月、同知事を退任。横浜市助役を経て、1924年6月、山口県知事となる。1925年10月、新潟県知事に就任。1927年4月、同県知事を退任。1929年7月、新潟県知事に再任され、1930年8月まで務め退官した。

その後、東京中央卸売市場顧問を務めた。

参考文献[編集]