三森大貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
三森 大貴
福岡ソフトバンクホークス #68
Mimori2.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県越谷市[1]
生年月日 (1999-02-21) 1999年2月21日(21歳)
身長
体重
185 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2016年 ドラフト4位
初出場 2019年4月18日
年俸 600万円(2020年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

三森 大貴(みもり まさき、1999年2月21日 - )は、埼玉県越谷市出身[1]プロ野球選手内野手)。右投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

野球を始めたのは幼稚園の頃からで、越谷市内の少年野球チーム「登戸ファイターズ」に加入した[1]

中学は埼玉を離れ、青森県青森市青森山田中学校に進学。中学生時代は、「青森山田リトルシニア」で全国大会上位進出などの活躍をする[3]

高校は青森山田高等学校に進学、1年生の秋からレギュラーで出場[3]。2年生の秋には、堀岡隼人(現・読売ジャイアンツ)とともに、秋季東北地区大会を同校として初優勝し、第46回明治神宮野球大会に4番・遊撃手として初出場を果たす[1][4]東邦高等学校に3対4で勝利し、ベスト4に進出する[5]

3年生の春に第88回選抜高等学校野球大会に同校として11年ぶり2回目の出場を果たすが[6]、1回戦で前年の神宮大会の準決勝で敗れた敦賀気比高等学校と対戦し、1対0で初戦敗退となった[7]。3年生夏の甲子園青森県大会では、4回戦で敗退し、春夏連続の甲子園出場はならなかった[8]

2016年10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークスから四巡目指名され[3]、11月5日、さいたま市内のホテルで入団交渉を行い、契約金4,000万円、年俸500万円(金額は推定)で契約合意に達し[9]、同月22日に福岡市内のホテルで入団発表会見が行われた[10]背番号68

プロ入り後[編集]

2017年、3月17日に行われたウエスタン・リーグ開幕戦、対阪神タイガース戦において、7回に代打で二軍公式戦初出場[11]、翌18日に行われた同じく対阪神戦において、2番・二塁手で先発出場し二軍公式戦初安打を記録する[12]。二軍公式戦において27試合に出場し、打率.289、三軍戦では70試合に出場し、打率.244、13打点、16盗塁の成績を残す[13]

2018年、二軍公式戦において50試合に出場し、打率.271、12打点、1本塁打、8盗塁だった。

2019年、一軍で外野手に故障者が続出したこともあり、初めて外野ノックを受けるなど外野守備にも備えて4月18日に一軍に初昇格した[14]。同日の対千葉ロッテマリーンズ戦で一塁手としてプロ初出場を果たすと[15]、4月21日の対埼玉西武ライオンズ戦では「9番・二塁手」でプロ初スタメンを飾り、猛打賞に1打点と活躍[16]。7月1日には出場選手登録抹消となったが[17]、一軍で24試合の出場と飛躍した。シーズンオフにはプエルトリコウィンターリーグに派遣された[18]

選手としての特徴・人物[編集]

ワイドに打ち分ける大型遊撃手。一塁到達4秒前後の俊足も魅力。[19]

2016年ドラフト会議読売ジャイアンツに育成選手ドラフト7位指名された堀岡隼人は、高校でチームメイトだった。ホークス入団から2年間は兄の勧めで、同姓繋がりかつ野球アニメ「ダイヤのA」の主題歌でもある三森すずこの「グローリー!」を登場曲としていた[20]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2019 ソフトバンク 24 51 48 7 10 2 2 0 16 1 3 2 0 0 2 0 1 17 0 .208 .255 .333 .588
通算:1年 24 51 48 7 10 2 2 0 16 1 3 2 0 0 2 0 1 17 0 .208 .255 .333 .588
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁
























2019 ソフトバンク 9 38 1 0 3 1.000 13 19 28 2 5 .959
通算 9 38 1 0 3 1.000 13 19 28 2 5 .959
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 68 (2017年 - )

登場曲[編集]

[21]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 三森 大貴さん(登戸町)”. 越谷市公式ホームページ. 2017年4月2日閲覧。
  2. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年1月3日閲覧。
  3. ^ a b c ソフトバンク4位三森、バットコントロール「見て」”. 日刊スポーツ (2016年10月21日). 2017年4月2日閲覧。
  4. ^ 青森山田、初出場Vだ 明治神宮大会13日開幕”. 日刊スポーツ (2015年11月10日). 2017年4月2日閲覧。
  5. ^ 高松商、青森山田が4強/明治神宮大会詳細”. 日刊スポーツ (2015年11月15日). 2017年4月2日閲覧。
  6. ^ 青森山田11年ぶりセンバツ「冬の成果を全国舞台で」”. 日刊スポーツ (2016年1月30日). 2017年4月2日閲覧。
  7. ^ 青森山田1点に泣く 昨年王者と互角も初戦敗退”. 日刊スポーツ (2016年3月26日). 2017年4月2日閲覧。
  8. ^ 大湊が青森山田破り4年ぶり8強!野崎V打/青森”. 日刊スポーツ (2016年7月15日). 2017年4月2日閲覧。
  9. ^ ソフトバンク4位三森大貴が合意「実感湧いてきた」”. 日刊スポーツ (2016年11月5日). 2017年7月29日閲覧。
  10. ^ ソフトバンク4位三森、王会長に1本足を学びたい”. 日刊スポーツ (2016年11月23日). 2017年4月2日閲覧。
  11. ^ 2017/03/17(金)第1回戦 福岡ソフトバンク vs 阪神・出場選手成績”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2017年4月2日閲覧。
  12. ^ 2017/03/18(土)第2回戦 福岡ソフトバンク vs 阪神・出場選手成績”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2017年4月2日閲覧。
  13. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績 2017/11/16(金)現在”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年11月16日). 2017年12月10日閲覧。
  14. ^ ソフトバンク三森、故障者続出でプロ初の1軍昇格”. 日刊スポーツ (2019年4月18日). 2020年3月22日閲覧。
  15. ^ ソフトバンク三森がプロ初出場「自分なりに入れた」”. 日刊スポーツ (2019年4月18日). 2020年3月22日閲覧。
  16. ^ ソフトバンク三森活躍に家族大喜び「こんなに早く」”. 日刊スポーツ (2019年4月21日). 2020年3月22日閲覧。
  17. ^ 中日松井雅人、オリックス増井ら抹消/1日公示”. 日刊スポーツ (2019年7月1日). 2020年3月22日閲覧。
  18. ^ ソフトバンク田中正義ら3人がプエルトリコ武者修行”. 日刊スポーツ (2019年11月1日). 2020年3月22日閲覧。
  19. ^ チーム情報 ・ドラフト会議特集”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2017年4月2日閲覧。
  20. ^ ソフトバンク三森大貴に期待、登場曲は三森すずこ曲”. 日刊スポーツ (2018年1月24日). 2019年6月5日閲覧。
  21. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年4月14日閲覧。

関連項目[編集]