三次元ボンバーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三次元ボンバーマン』(さんじげんボンバーマン)は、1984年[要出典]ハドソンからX1MSX用に開発されたアクションゲーム。『3Dボンバーマン(3-D BOMBER MAN)』の名称でFM-7、PC-6001、PC-8001mkII用も発売された。

概要[編集]

ボンバーマンシリーズの原型といえる『爆弾男』の系譜の作品で、3D迷路を使用している。一人称視点で3D迷路で進みながら敵を倒すのが特徴で、右上に表示される地図で現在地を確認する。この地図には主人公とザコキャラが表示され、ソフトブロックは表示されない。

主人公は『爆弾男』と同様に作業服を着た人間である。敵は『爆弾男』同様ふうせんおばけのみで、表情は悪く、緑色の風船になっている。また、イラストやタイトル画面、地図上では風船型だが、3D迷路に登場するふうせんおばけは四角い形である。