三次鉄道部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三次鉄道部
三次駅駅舎内にある三次鉄道部
三次駅駅舎内にある三次鉄道部
基本情報
鉄道事業者 西日本旅客鉄道
帰属組織 広島支社
テンプレートを表示

三次鉄道部(みよしてつどうぶ)とは、広島県三次市にある西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道部の一つである。

本項では三次機関区についても記述する。

概要[編集]

ローカル線の活性化と効率的な鉄道運営ができるように1991年4月1日から鉄道部制度を導入し、広島県北東部を中心に三次鉄道部が運営するように改められた[1]

三次駅構内にあり、広島支社が管轄している。

所属車両[編集]

三次鉄道部に所属する車両はなく、下関総合車両所広島支所所属のキハ120系気動車が常駐する。

乗務範囲[編集]

乗務員は運転士のみ所属しているが、かつては車掌も所属していた。

  • 芸備線:備後落合駅 - 広島駅間
  • 福塩線:府中駅 - 塩町駅間

歴史[編集]

  • 1974年昭和49年)1月16日:芸備線管理所が廃止され、三次運転区が発足[4]
  • 1989年平成元年)3月11日:三次運転区と広島車掌区三次派出所が統合し、三次列車区が発足[5][6]
  • 1991年(平成3年)4月1日:鉄道部制度に伴い、第2次鉄道部として発足。三次列車区が統合される[6]
  • 2003年(平成15年)3月23日:府中駅 - 塩町駅間を、岡山支社府中鉄道部から移管(両端駅はのぞく)。

三次機関区[編集]

三次機関区は芸備鉄道の国有化を契機に、1933年11月15日に広島機関庫備後十日市分庫として開設され[7](1936年10月10日備後十日市機関区に改称[8]8620形C12形C56形などの蒸気機関車が配置されていた。戦後は、C58形も配置されていた。1954年12月10日に三次機関区に改称。1963年9月20日に芸備線管理所が発足し移管。1971年3月に無煙化。かっては扇形機関車庫があったが撤去された。なお、転車台が2016年4月まで残されていたが、東武鉄道でのSL運転のため、譲渡された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『JR気動車客車編成表 '92年版』ジェー・アール・アール、1992年。ISBN 4-88283-113-9。
  2. ^ 岡山支社の管轄
  3. ^ 岡山支社の管轄
  4. ^ 『国鉄気動車客車情報 61.11.1改正号』ジェー・アール・アール、1986年。
  5. ^ 村上心『日本国有鉄道の車掌と車掌区』成山堂書店、2008年。ISBN 978-4-425-30341-0。
  6. ^ a b 『JR気動車客車編成表 '05年版』ジェー・アール・アール、2005年。ISBN 4-88283-126-0。
  7. ^ 『鉄道省年報. 昭和8年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 『鉄道省年報. 昭和11年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)

参考文献[編集]

  • 川島令三編著『山陽・山陰ライン - 全線・全駅・全配線』6 広島東部・呉エリア、講談社、2012年、p.75。ISBN 978-4-06-295156-2。