三毒史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三毒史
椎名林檎スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルミュージック
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • 椎名林檎 アルバム 年表
    逆輸入
    〜航空局〜

    (2017年)
    三毒史
    (2019年)
    『三毒史』収録のシングル
    1. 至上の人生
      リリース: 2015年2月25日
    2. 長く短い祭/神様、仏様
      リリース: 2015年8月5日
    3. ジユーダム
      リリース: 2016年8月22日(配信限定)
    4. 目抜き通り
      リリース: 2017年4月20日(配信限定)
    5. 獣ゆく細道
      リリース: 2018年10月2日(配信限定)
    テンプレートを表示

    三毒史』(さんどくし;: triviṣa-itihāsa)は、2019年5月27日ユニバーサルミュージックより発売された日本シンガーソングライター椎名林檎の6作目のスタジオ・アルバム

    概要[編集]

    本作は、オリジナル・アルバムとしては2014年発表の『日出処』以来約4年半振ぶり[3]、アルバムとしてはセルフカバーアルバム逆輸入 〜航空局〜』より約1年5か月ぶりの発表となる。デビュー21周年の記念日に発売された[4]

    本作には2015年から2018年までに発表され、アルバム未収録だったシングル収録曲7曲と未音源化曲1曲、およびアルバムのために書き下ろした新曲5曲の全13曲を収録[4][5]。本アルバムでは偶数曲に男性アーティストとのデュエット曲が収録されている[6]。楽曲名は5文字で統一され、曲目は7曲目「TOKYO」を中心にシンメトリーとなっている。

    初回限定盤と通常盤の2形態で発売され、初回限定盤はケース付きのハードカバー・ブック仕様となっている。

    収録曲[編集]

    本作のブックレットには楽曲タイトルと共に英題が併記されている他、歌詞カードには外国語の歌詞[注 1]とその和訳が両方記載されている。

    楽曲解説[編集]

    1. 鶏と蛇と豚(Gate of Living)
      タイトルは「とりとへびとぶた」と読み、三毒を象徴する三種の獣を指す。お経の唱和で始まるが、これを引き立てるために斎藤ネコの「コンバスは入れた方がいい」との意見を却下したという[7]。また、曲中のスクラッチサウンドエフェクトDJ 大自然が担当している。クレジットはされていないが、この楽曲では管弦編曲も椎名が自ら行っている[8]
      2019年4月23日より先行配信された[5]児玉裕一によりミュージック・ビデオも制作され、映像ではAYA SATOが三種の獣と化し、仏教において克服すべき煩悩を意味する“むさぼり”“いかり”“おろかさ”の三毒を表現した[9]
    2. 獣ゆく細道(The Narrow Way)
      椎名林檎と宮本浩次名義で2018年10月2日に配信限定で発売されたデジタル・ダウンロードシングル。今回が初CD化となる。
    3. マ・シェリ(Ego-ism)
      2016年資生堂MA CHERIE」のCMソングとして冒頭部分が起用されていた。今回が初音源化となる。また2016年当初の表記は「MA CHÉRIE」だった。
      演奏に解散時点での東京事変のメンバー[注 2]が参加している[8]
    4. 駆け落ち者(Elopers)
      椎名林檎と櫻井敦司名義で2019年5月2日より先行配信された[5][10]
    5. どん底まで(To Rock Bottom)
      2015年2月25日に発売された15枚目のシングル至上の人生』のカップリング曲。ドラマ主題歌の候補曲として『至上の人生』と一緒に作曲された楽曲[7]。シングル版よりBPMが速くアレンジも異なるアルバム・バージョンが収録された。
    6. 神様、仏様(God, nor Buddha)
      椎名林檎と向井秀徳名義の楽曲。2015年8月5日に「長く短い祭」とともに両A面として発売された16枚目のシングル表題曲。
    7. TOKYO(Off-Line)
      2019年5月17日より先行配信された[11]。当初はオーケストラを導入する予定だったが、椎名曰く「(ピアノ)トリオの訴求力が強い」という理由でピアノトリオのみの編成になった[7]
    8. 長く短い祭(In Summer, Night)
      椎名林檎と浮雲名義の楽曲。2015年8月5日に「神様、仏様」とともに両A面として発売された16枚目のシングル表題曲。
      英題がシングル版の「no verão, as noites」[注 3]から変更されている。
    9. 至上の人生(A Life Supreme)
      2015年2月25日に発売された15枚目のシングルの表題曲。
    10. 急がば回れ(Victims)
      椎名林檎とヒイズミマサユ機名義の楽曲。
    11. ジユーダム(Jiyu-dom)
      2016年8月22日に配信限定で発売されたデジタル・ダウンロードシングル。今回が初CD化となる。
      「マ・シェリ」と同様、演奏に解散時点での東京事変のメンバー[注 2]が参加している[8]
    12. 目抜き通り(The Main Street)
      椎名林檎とトータス松本名義で2017年4月20日に配信限定で発売されたデジタル・ダウンロードシングル。今回が初CD化となる。
      アルバムではトータス松本の歌唱部分が追加されている等、シングルとは異なるアルバム・ヴァージョンとなっている。
    13. あの世の門(Gate of Hades)
      椎名が出生間もない頃、先天性の疾患で死に瀕していた際の記憶について描いた曲[12]。コーラスにブルガリアの聖歌隊「Vanya Moneva Choir」を迎え、椎名の楽曲では初となる海外レコーディングを行った[8]

    楽曲クレジット[編集]

    全作詞・作曲・編曲:椎名林檎 (注記を除く)

    #タイトル作詞作曲・編曲管弦楽編曲時間
    1.「鶏と蛇と豚」   
    2.獣ゆく細道(椎名林檎と宮本浩次;編曲:笹路正徳)   
    3.「マ・シェリ」  斎藤ネコ編曲)
    4.「駆け落ち者」(椎名林檎と櫻井敦司)   
    5.どん底まで   
    6.神様、仏様(唄・作詞:椎名林檎と向井秀徳)  村田陽一(管編曲)
    7.「TOKYO」   
    8.長く短い祭(椎名林檎と浮雲)  村田陽一(管編曲)
    9.至上の人生   
    10.「急がば回れ」(椎名林檎とヒイズミマサユ機)   
    11.ジユーダム  斎藤ネコ(管・弦・編曲)
    12.目抜き通り(椎名林檎とトータス松本;編曲:斎藤ネコ)   
    13.「あの世の門」   
    合計時間:

    演奏[編集]

    タイアップ[編集]

    楽曲 タイアップ 起用年
    「獣ゆく細道」 日本テレビ系『news zero』テーマ曲 2018年 - 2019年
    「マ・シェリ」 資生堂MA CHERIECMソング 2016年
    「神様、仏様」 LGエレクトロニクス・ジャパンau isai vivid」CMソング(本人出演) 2015年
    「長く短い祭」 コカ・コーラ」2015年サマーキャンペーンCMソング 2015年
    「至上の人生」 日本テレビ水曜ドラマ○○妻』主題歌 2015年
    「ジユーダム」 NHKガッテン!」テーマ曲 2016年 - 現在
    「目抜き通り」 GINZA SIX オープニングテーマソング 2017年

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 「鶏と蛇と豚」と「あの世の門」の全英語詞、「マ・シェリ」のフランス語詞部分、および「目抜き通り」冒頭のフランス語詞と英語詞。
    2. ^ a b 第二期のメンバー。
    3. ^ 実際には葡題
    4. ^ パート名の記載は無く、レコーディングに参加した全メンバーが記載されている。

    出典[編集]

    1. ^ B’zが合算アルバムでも1位 椎名林檎と布袋寅泰がTOP3入り”. ORICON NEWS. オリコン (2019年6月5日). 2019年6月6日閲覧。
    2. ^ B'zの新アルバム『NEW LOVE』が総合首位獲得 DL1位の椎名林檎は総合2位に”. Billboard JAPAN (2019年6月5日). 2019年6月6日閲覧。
    3. ^ 椎名林檎、4年半ぶりフルアルバムと20周年記念ライブ映像作品を同時リリース”. 音楽ナタリー (2019年4月5日). 2019年5月29日閲覧。
    4. ^ a b 椎名林檎、5年ぶりオリジナル・アルバム『三毒史』詳細発表、櫻井敦司(BUCK-TICK)との共演が実現した新曲も収録。ライヴ映像作品から5曲一挙公開も”. SKREAM! (2019年4月22日). 2019年5月29日閲覧。
    5. ^ a b c 椎名林檎ニューアルバムでBUCK-TICK櫻井敦司、ヒイズミマサユ機とコラボ”. 音楽ナタリー (2019年4月22日). 2019年5月29日閲覧。
    6. ^ “椎名林檎がアルバム『三毒史』を発売、6人の男たちとのデュエット曲に見る音楽性のルーツ”. 徳島新聞. (2019年5月27日). https://www.topics.or.jp/articles/-/207420 2019年5月31日閲覧。 
    7. ^ a b c New Album 「三毒史」 特設サイト 椎名林檎による全曲解説(2019年5月31日閲覧)
    8. ^ a b c d 新アルバム『三毒史』発売記念!椎名林檎が生放送で語ることとは?椎名林檎、TOKYO FM独占生出演!”. excite (2019年5月24日). 2019年5月31日閲覧。
    9. ^ 椎名林檎、ニューアルバムのオープニング飾る新曲「鶏と蛇と豚」MV公開”. 音楽ナタリー (2019年5月22日). 2019年5月29日閲覧。
    10. ^ 椎名林檎と櫻井敦司の新曲が今夜配信スタート、「三毒史」ジャケットも公開”. 音楽ナタリー (2019年5月1日). 2019年5月29日閲覧。
    11. ^ 椎名林檎、最新アルバムより「TOKYO」先行配信”. 音楽ナタリー (2019年5月16日). 2019年5月29日閲覧。
    12. ^ 椎名林檎「三毒史」インタビュー デビューから20年経て向き合った、人類共通の三毒”. 音楽ナタリー. 2019年5月31日閲覧。