三沢寛一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三沢寛一

三沢 寛一(みさわ かんいち、1882年明治15年)9月[1] - 1968年昭和43年)7月15日[2])は、日本文部内務官僚政治家北海道札幌市山形県知事島根県知事、札幌観光協会長[3]

来歴・人物[編集]

長野県上伊那郡沢岡村(現伊那市[4]に三沢八百吉の二男[1]として生まれる。旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校[4]第一高等学校を経て、1907年京都帝国大学法科大学卒業。1908年11月、文官高等試験行政科試験に合格して文部省(現在の文部科学省)に入省し、専門学務局属となる[5]

文部省で4年間勤務したのち、東北帝国大学(現在の東北大学)事務官を経て1912年に29歳で東北帝国大学農科大学(のちの北海道帝国大学、現在の北海道大学)の初代事務官に就任(当時の学長は佐藤昌介)。法学講師嘱託もこなした。その後、宮城県理事官広島県理事官、千葉県警察部長、兵庫県産業部長、宮城県内務部長、愛知県書記官・内務部長、福岡県書記官・内務部長などを歴任[1]山形県知事[6]名古屋市助役島根県知事[7]を歴任。1931年12月18日に島根県知事を休職[8]1932年2月5日、依願免本官となり退官した[9]

1937年札幌市長に就任。1945年、札幌市長を退任した。後任は上原六郎

市長在任中は1940年開催予定であった札幌オリンピックの開催返上、円山町との合併、札幌飛行場の設置、函館市を抜いて北海道内人口1位を史上初めて達成するなど重要事業を担った。ほかに、札幌観光協会の会長、大日本体育会北海道札幌市支部長などを務めた。

戦後、公職追放を経てから[10]、その後帰郷して、信濃宮奉賛会長となり宗良親王の顕彰を行った[4]

略歴[編集]

著作[編集]

  • 述『教育行政法要義』広島県私立教育会、1916年。
  • 編『吏道経典』小山書店、1940年。
  • 『天皇制護持論』玄文社、1946年。
  • 『国民信念:国家天皇及愛国心』錦正社、1964年。

親族[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』197頁。
  2. ^ a b 『朝日新聞』(東京本社発行)1968年7月16日朝刊、15面の訃報より。
  3. ^ 札幌観光協会ホームページ
  4. ^ a b c 『長野県歴史人物大事典』676-677頁。
  5. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』192頁。
  6. ^ 山形県ホームページ 第2代以降の官選知事
  7. ^ 『新編日本の歴代知事』790頁。
  8. ^ 『官報』第1493号、昭和6年12月19日。
  9. ^ 『官報』第1529号、昭和7年2月6日。
  10. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛道支部長」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、345頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 「札幌市史」
  • 「新札幌市史」
  • 赤羽篤外編『長野県歴史人物大事典』郷土出版社、1989年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。

関連項目[編集]