三沢糾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 三沢糾
  • 三澤糾
三沢 糾
Taihoku High School 2nd principal Mr. Misawa.jpg
誕生 (1878-10-12) 1878年10月12日
日本の旗 日本 兵庫県八部郡神戸町(現・神戸市
死没 (1942-05-25) 1942年5月25日(63歳没)
満州国の旗 満州国 関東州旅順市外田家屯(現・中華人民共和国の旗 中華人民共和国 遼寧省大連市旅順口区
職業 教育者
国籍 日本の旗 日本
教育 哲学博士(クラーク大学・1907年)
最終学歴 クラーク大学
代表作 『国民性と教育方針』(1910年)
配偶者 田鶴
子供 達朗(長男)、文(長女・鹿子木久雄妻)
親族 立身(父)、たか子(母)、武清(兄)、広岡久右衛門(弟)
テンプレートを表示

三沢 糾(みさわ ただす、1878年明治11年)10月12日 - 1942年昭和17年)5月25日)は日本教育者広島高等師範学校教授を経て、和歌山県立海草中学校(現・向陽中学・高校)校長、大阪府立高津中学校(現・高津高校)初代校長、大阪府立第十二中学校(現・生野高校)校長事務取扱、台北高等学校校長、(旧制)成城高等学校校長、哈爾浜学院院長と多くの学校のトップを務めた。

人物と来歴[編集]

1906(明治40)年、クラーク大学心理学科を卒業し、博士号を取得。博士論文『現代の教育者たちとその理念』は後に出版された。

水産講習所のドイツ語講師などを経て、1912(明治45)年、広島高等師範学校教授に就任。広島高師附属中学校主事を務めた後、1915年、和歌山県立海草中学校(現・向陽高校)校長となった。

1918年、新たに設立された大阪府立第十一中学校(後に高津中学校に改称)の初代校長に就任。1923年、校長訓辞で「自由と創造」に言及。1924年に大阪府立中学として初めて女性教師3人を採用するなど、大正デモクラシーの気風の中で自由な校風を確立した。そのため、創立わずか数年で全国的に有名になり、多くの見学者が訪れた。後にNHK連続テレビ小説はっさい先生」に登場する上本町中学校長のモデルとなった。

1925年台北高等学校校長として台湾に赴任。生活指導を担当する「生徒監」を廃止し、学校紛争を防止。「自由の鐘」を米国の農場から移設した。

1929年京都帝国大学学生科長に就任。1931年、成城学園に転じ、教育顧問を経て(旧制)成城高等学校校長になったが、学園紛争のため3か月で辞任した。その後、神戸女学院の院長に誘われたが、受けなかった。

1935年、旧満州にわたり哈爾浜学院院長を務めたが、関東軍との折衝に限界を感じ、1938年退任。1939年から長男夫婦とリンゴ園を経営しながら執筆活動に入った。

1942年脳溢血のため64歳で死去。遺骨は菩提寺の芳心寺(鳥取県鳥取市)に葬られた。

著作[編集]

著書

関連文献[編集]

  • 『蕉蕾集 三沢先生二十五年忌記念号』 台北高校同窓会、1966年5月
  • 上沼八郎著 『実録はっさい先生 : 知られざる教師たちの物語』 協同出版、1988年1月、ISBN 4319200160
公職
先代:
台湾総督府高等学校長
松村伝
日本の旗 台湾総督府台北高等学校長
1927年 - 1929年
台湾総督府高等学校長
1925年 - 1927年
次代:
下村虎六郎
先代:
(新設)
大阪府立高津中学校
1919年 - 1925年
大阪府立第十一中学校長
1918年 - 1919年
次代:
羽生隆
先代:
(新設)
大阪府立第十二中学校長事務取扱
1920年
次代:
校長
池田多助
先代:
(新設)
和歌山県立海草中学校
1915年 - 1918年
次代:
妹尾盛親
先代:
長谷川乙彦
日本の旗 広島高等師範学校附属中学校主事
1914年 - 1915年
次代:
塚原政次
その他の役職
先代:
高田富蔵
哈爾浜学院長
1935年 - 1938年
次代:
三毛一夫
先代:
小原國芳
成城高等学校長
1933年
次代:
児玉秀雄
先代:
小原國芳
成城高等女学校
1933年
次代:
児玉秀雄