三河塩津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
三河塩津駅
MT-Gamagōri-Kyōteijō-Mae Station-Building 2015-1.JPG
駅前広場。右の跨線橋が三河塩津駅
みかわしおつ
Mikawa-shiotsu
CA47 蒲郡 (2.3km)
(2.6km) 三ケ根 CA49
所在地 愛知県蒲郡市竹谷町油井40-5
駅番号 CA  48 
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 CA 東海道本線名古屋地区
キロ程 312.9km(東京起点)
電報略号 ミツ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,412人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1988年昭和63年)11月16日
乗換 蒲郡競艇場前駅名鉄蒲郡線
備考 駅員無配置駅(自動券売機 有)[1]
集中旅客サービスシステム導入駅[1]
テンプレートを表示

三河塩津駅(みかわしおつえき)は、愛知県蒲郡市竹谷町油井(たけのやちょうゆい)にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線である。駅番号CA48

運行形態の詳細は「東海道線 (名古屋地区)」を参照。

概要[編集]

当駅は蒲郡競艇場(ボートレース蒲郡)の利用客を見込んでJR化後に開業した駅である。名古屋鉄道(名鉄)蒲郡線蒲郡競艇場前駅が隣接しており、乗り換えが可能である。

当駅が開業する前まで、豊橋方面から蒲郡競艇場へ行く場合は蒲郡駅で名鉄蒲郡線に乗り換えなければならなかったが、開業によって乗り換えなしで行けるようになった。当駅の開業の影響などもあり、名鉄蒲郡線の蒲郡競艇場前駅の利用客は減少している。なお、同線には1968年9月30日まで「塩津駅」があった(後に蒲郡競艇場前駅として統合)。

停車列車は、普通列車区間快速である。日中は上下線とも毎時2本の停車本数となる。ボートレース蒲郡で大きなレースが開催される場合は新快速や快速がごくまれに臨時停車することがある。

2008年3月の横断歩道橋設置に伴い駅の東側にあった油井踏切は廃止され、三河三谷 - 当駅間の踏切はすべて廃止された。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を備える。

外部と駅舎の間、また駅舎とホームとの間は階段のみでエレベーターエスカレーターは無い。

蒲郡競艇場前駅への階段が橋上駅舎からつながっている。ただし、改札は別となっている。

蒲郡駅が管理する無人駅である[1](ただし、ボートレース蒲郡開催日に駅員が臨時配置されることがある)。

駅舎内には自動券売機(TOICA等ICカード対応)1台、簡易型自動改札機(TOICA対応)が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 CA 東海道本線 下り 岡崎名古屋方面[注釈 1]
2 上り 豊橋浜松方面[注釈 1]
  • 蒲郡駅方の高架化の際に線路が若干移動した関係で、1番線の階段付近はホームが少し狭くなっている。

利用状況[編集]

「蒲郡の統計」によると、近年の1日平均乗車人員は以下の通り。JRにおける蒲郡競艇場への最寄り駅ではあるが、隣の蒲郡駅(特別快速・新快速・快速停車駅)から競艇場まで無料送迎バスが運行されているため開催日でも利用者はそれほど多くない。

年度 1日平均
乗車人員
2005年 1,934
2006年 1,667
2007年 1,542
2008年 1,501
2009年 1,436
2010年 1,350
2011年 1,337
2012年 1,246
2013年 1,291
2014年 1,290
2015年 1,334
2016年 1,282
2017年 1,324
2018年 1,342

駅周辺[編集]

北口[編集]

南口[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
CA 東海道本線
特別快速・新快速・快速
通過
区間快速・普通
蒲郡駅 (CA47) - 三河塩津駅 (CA48) - 三ケ根駅 (CA49)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 駅構内の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(駅掲示用時刻表のPDFが使われているため。2015年1月現在)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d “JR東海 進化する在来線旅客サービス”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 20. (2017年11月27日) 
  2. ^ a b 東海道本線 集中旅客サービスシステムの使用開始について (PDF)”. 東海旅客鉄道 (2017年9月5日). 2017年9月5日閲覧。

関連項目[編集]