三洋電機バレーボール部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三洋電機バレーボール部
原語表記 三洋電機バレーボール部
ホームタウン 群馬県邑楽郡大泉町
創設年 1960年
廃部年 1985年
所属リーグ 日本リーグ/実業団リーグ
チーム所在地 群馬県邑楽郡大泉町
体育館所在地 群馬県邑楽郡大泉町
 表示 

三洋電機バレーボール部(さんようでんきばれーぼーるぶ)は、群馬県邑楽郡大泉町を本拠地に活動していた、東京三洋電機の女子バレーボールチームである。三洋電機レッドソアとは別系統である。

概要[編集]

1959年群馬県大泉町に東京三洋電機が設立され、大泉町長の勧めでバレーボール部が創部された。1969年、久喜高校から稲山壬子を監督に招聘し、第1回実業団リーグから参戦し準優勝、第2回・3回大会は優勝を果たす。1972年に入替戦で勝利し日本リーグ入りを果たした。

小山光枝や前田悦智子全日本選手を輩出したが、1986年東京三洋電機が三洋電機に吸収合併されるため、その前年に廃部となった。

成績[編集]

主な成績[編集]

日本リーグ
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし
実業団リーグ
  • 優勝 4回 (1970年度、1971年度、1979年度、1982年度)
  • 準優勝 1回 (1969年度)
国民体育大会成年女子(6人制)

年度別成績[編集]

大会名 順位 参加チーム数 試合数 勝率
実業団リーグ 第1回 (1969/70) 準優勝 6チーム 10 7 3 0.700
第2回 (1970/71) 優勝 6チーム 10 9 1 0.900
第3回 (1971/72) 優勝 6チーム 10 9 1 0.900
日本リーグ 第6回 (1972/73) 4位 6チーム 10 5 5 0.500
第7回 (1973/74) 4位 6チーム 10 4 6 0.400
第8回 (1974/75) 6位 6チーム 10 1 9 0.100
第9回 (1975/76) 3位 6チーム 10 6 4 0.600
第10回 (1976/77) 3位 6チーム 10 6 4 0.600
第11回 (1977/78) 6位 6チーム 10 1 9 0.100
第12回 (1978/79) 6位 6チーム 10 0 10 0.000
実業団リーグ 第11回 (1979/80) 優勝 6チーム 10 8 2 0.800
日本リーグ 第14回 (1980/81) 7位 8チーム 14 2 12 0.143
実業団リーグ 第13回 (1981/82) 3位 6チーム 10 6 4 0.600
第14回 (1982/83) 優勝 6チーム 10 9 1 0.900
日本リーグ 第17回 (1983/84) 8位 8チーム 21 0 21 0.000
実業団リーグ 第16回 (1984/85) 8位 8チーム 14 0 14 0.000

主な在籍選手[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール 1996年1月号臨時増刊 「第2回Vリーグ観戦徹底ガイドブック」(日本文化出版社刊)
  • 月刊バレーボール 1980年1月号臨時増刊 '80チームの顔 139ページ

関連項目[編集]