三洋ITソリューションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三洋ITソリューションズ株式会社
SANYO Information Technology Solutions Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
570-8686
大阪府守口市京阪本通2-5-5
設立 1989年10月31日
業種 情報・通信業
事業内容 システム設計、開発、構築、運用保守
代表者 矢島孝應 (代表取締役社長・非常勤)
資本金 1億円
売上高 115億3300万円(2010年度実績)
従業員数 485人(2011年4月1日現在)
主要株主 三洋電機 100%
テンプレートを表示

三洋ITソリューションズ株式会社(さんようアイティソリューションズ)は、かつて大阪府守口市に本社を置いた企業。企業理念は「人を想い、未来をITでうるおす」ビジョンは「挑戦し、変革し続ける企業」。
元々は三洋電機の情報システム部門が分離・独立し設立された会社であり、後にNTTデータの資本も加わったが、パナソニックグループの子会社となった。
2015年3月31日をもって解散した[1]

概要[編集]

パナソニックグループ内でのシステムの設計・構築から保守・運用までを幅広く行っている側面で、メガネなし3Dディスプレイの開発、Webコンテンツに関する3Dソフト開発、3Dカタログ(一般企業向け)など高度な技術を要する事業も積極的に行っている。
金融関連のシステムやインフラに関する事業も積極的に行っている。
また、2013年までインターネット接続サービスプロバイダ事業としてSANNETの運用を行っていた。その後は楽天コミュニケーションズが運営している。
公式にはSE関連の企業に位置付けられているが、通常のSE業務からインターネット事業、非常に高度な技術を要する3D、SE企業を越えた多種多様な事業を行っている。

沿革[編集]

  • 1989年10月31日 - 三洋電機100%出資により、(株)三洋システムエンジニアリング設立 資本金1億円。
  • 1992年12月1日 - 三洋電機の情報システム部門と統合し三洋電機ソフトウエア(株)に社名変更 資本金4億円に増資。
  • 2002年2月28日 - 資本金5億8600万円に増資。
  • 2003年1月6日 - NTTデータの資本参加により株式会社NTTデータ三洋システムに社名変更。
  • 2004年7月22日 - NTTデータ三洋システム100%出資により、上海に現地法人 恩梯梯数据三洋系統集成(上海)有限公司を設立。
  • 2006年4月3日 - NTTデータ三洋システム100%出資により子会社NTTデータアウラ設立。
  • 2010年12月1日 - 三洋電機が出資比率を90%に引き上げ、現社名に商号変更[2]
  • 2011年 - 三洋電機が出資比率を100%に引き上げ三洋電機の完全子会社になる。
  • 2014年1月1日 - インターネットサービスプロバイダ(ISP)事業を分割し、フュージョン・コミュニケーションズ(2015年、楽天コミュニケーションズに社名変更)に譲渡した。サービスブランド「SANNET」は変更なし。[3]
  • 2015年3月31日 - 解散

主要製品[編集]

  • ソフトウェア
    • 企業ポータルソリューション - 「InfoAGORA/ポータル」
    • webソリューション - 「InfoAGORA」
    • 技術情報管理パッケージ - 「iDworker」
    • 統合カードソリューション - 「WEB食堂名人」
    • マルチケアプラン作成支援ソフト - 「はっぴーらんど」
    • Web3D・Web球体パノラマソフト - 「sos3D・sosPn」
    • インタラクティブ3Dソフト - 「Cult3D」
    • インターネットサービス・プロバイダ - 「SANNET

主な事業所[編集]

関連企業[編集]

現行の関連企業[編集]

親会社[編集]

その他関連する会社[編集]

  • NTTデータ(NTTデータ三洋システム時代の親会社)

かつての関連企業[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]