三浦マイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
三浦マイルド
本名 三浦 健一
生年月日 (1977-10-18) 1977年10月18日(42歳)
出身地 広島県江田島市
血液型 O型
身長 160cm
言語 日本語
方言 大阪弁広島弁西日本方言
最終学歴 甲子園大学卒業
出身 NSC大阪校23期
芸風 漫談
事務所 吉本興業東京本社
活動時期 2002年 -
同期 友近ガリガリガリクソンほか
過去の代表番組 クイズ!紳助くん
公式サイト twitter
受賞歴
テンプレートを表示

三浦 マイルド(みうら マイルド、1977年10月18日 - )は、日本ピン芸人。本名、三浦 健一(みうら けんいち)。

広島県江田島市出身。吉本興業東京本社所属。身長160cm、体重78kg。血液型O型[1]R-1ぐらんぷり2013優勝。芸名は、好きなたばこの銘柄「ラークマイルド」から採った[2]

来歴[編集]

私立呉港高校[3]甲子園大学卒業。大阪NSC23期生。2002年の第1回R-1ぐらんぷり出場でピン芸人としての初舞台に立った[4]R-1ぐらんぷり2009では準決勝に進出し、サバイバルステージ(敗者復活戦)出場者に選ばれた。「ハゲがモテる世界」のコントを披露して7位となっている。 2009年頃からは、インディーズお笑いライブを自ら主催(『パズル』『ブラックチャリティーライブ』『大喜利ライブ頭脳くん』『ファイトクラブ』等)するようになり、インディーズ界隈のリーダー的存在となっていった。

R-1ぐらんぷり2013では決勝戦に進出、最終的に審査員7人全員の票を得て優勝した[5]。その後、本人企画によるライブ(『マイルド寄席』『炎のライブ』『くそいろクリスマス』等)を行う。アルバイト生活からも卒業し、勤務先では「卒業イベント」も開催された[6]

その後「ことば研究家」というキャラクターで、テーマを二つ挙げ「どちらからでもこう聞こえる」といったネタを展開。R-1ぐらんぷり2017ではこのネタを演じた[7]。R-1ぐらんぷり2019では、決勝進出している。

マイルド軍団[編集]

主催イベントに出演する芸人は通常「マイルド軍団」という派閥に所属することになる。かつては大喜利ライブ「頭脳くん」や過激なネタ・コーナーを行うが売上を寄付するライブ「BLACK CHARITY LIVE」を主催し、現在は前述の「BLACK CHARITY LIVE」の事実上後継ライブとなる「くそいろクリスマス」、またマイルド軍団に属する芸人達によるネタバトルイベント「マイルド軍団チャンピオンシップ」を年1回開催。

また2020年1月には東京・ルミネtheよしもとにて「マイルド軍団ライブ ルミネ電撃作戦」を開催。

なおマイルド軍団の一員である金属バットは2019年4月放送の「アメトーーク」(テレビ朝日)『芸人持ち込み企画プレゼン大会』にて"三浦マイルド軍団芸人"をプレゼンした[8]

主なマイルド軍団員

ポピー藤原、ヒューマン中村、なにわプラッチック、ローズヒップファニーファニー、シーチキン佐野、ズンズンポイポイ、街裏ぴんく金属バットミルクボーイ見取り図日本クレールセルライトスパシカゴ実業すゑひろがりず、ハクション中西、中山女子短期大学ビスケットブラザーズニッポンの社長ヤング黒帯小森園ひろし霜降り明星村橋ステムななまがり虹の黄昏ミキ蛙亭マユリカ、黒木すず、魔族、オダウエダ、チャンス大城 ほか多数

出演番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]