三浦信孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三浦 信孝(みうら のぶたか、1945年3月28日 - )は、フランス文学・文化学者、中央大学名誉教授・日仏会館常務理事。専門はポール・ヴァレリー。また日本語-フランス語の通訳[1]

経歴・人物[編集]

岩手県盛岡市生まれ。1970年東京大学教養学部フランス科卒業。1978年同大学院人文科学研究科仏文学博士課程満期退学。静岡大学教養部助教授、慶應義塾大学環境情報学部助教授、教授。1995年中央大学文学部教授。2015年定年、名誉教授。日本フランス語教育学会会長を務めた[2]

著書[編集]

  • Sommeil et Reveil chez Valery : d’Agathe a La Jeune Parque / N. Miura? 1981?
  • 『フランス語 3 1998』放送大学教育振興会 1998
  • 『現代フランスを読む 共和国・多文化主義・クレオール』大修館書店 2002
  • 『フランス語 3 2002』放送大学教育振興会 2002

共編著[編集]

  • 『多言語主義とは何か』編 藤原書店 1997
  • 『言語帝国主義とは何か』糟谷啓介共編 藤原書店 2000
  • 『普遍性か差異か 共和主義の臨界、フランス』編 藤原書店 2001
  • 『来るべき〈民主主義〉 反グローバリズムの政治哲学』編 藤原書店 2003
  • 『フランスの誘惑・日本の誘惑』編著 中央大学出版部 2003
  • 『近代日本と仏蘭西 10人のフランス体験』編 大修館書店 2004
  • 『思想としての〈共和国〉 日本のデモクラシーのために』レジス・ドゥブレ樋口陽一水林章共著 みすず書房 2006
  • 『グローバル化と文化の横断』松本悠子共編 中央大学出版部 中央大学学術シンポジウム研究叢書 2008
  • 『〈共和国〉はグローバル化を超えられるか』J=P・シュヴェヌマン、樋口陽一共著 平凡社新書 2009
  • トクヴィルとデモクラシーの現在』松本礼二宇野重規共編 東京大学出版会 2009
  • 『現代フランス社会を知るための62章』西山教行共編著 明石書店 エリア・スタディーズ 2010
  • 『自由論の討議空間 フランス・リベラリズムの系譜』編 勁草書房 2010
  • 『日仏翻訳交流の過去と未来 来るべき文芸共和国に向けて』西永良成、坂井セシル共編 大修館書店 2014
  • ルソーと近代 ルソーの回帰・ルソーへの回帰』永見文雄川出良枝共編 風行社 2014。ジャン=ジャック・ルソー生誕300周年記念国際シンポジウム
  • 『戦後思想の光と影 日仏会館・戦後70年記念シンポジウムの記録』編 風行社 2016
  • 『ヴァレリーにおける詩と芸術』塚本昌則 水声社 2018

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フランス語←→日本語 の通訳をできる人間は非常に少なく、その中でも三浦信孝はトップレベルの実力を持っており、日本語-フランス語の通訳が必要とされる重要な会議(文学関連に限らず、多種多様な会議)や、フランスの重要人物を日本に招き もてなす場 等々等々で、長年に渡り しばしば指名され、数え切れないほどの回数 貢献してきた実績があり、貴重な人材である。またフランス語←→日本語の通訳者を養成する講座の講師役も 務めた / 務めている[1]。つまり「普通の通訳」というレベルは はるかに超えており、通訳を育てる師範級(指導者級)の存在でもある。特に、フランスと日本は地理的に離れているため、日仏両国の交流が始まってからの歴史が比較的短く、おまけに日本語とフランス語の言語系統があまりに離れている(言語構造や語彙体系などの相違が大きい)などの要因も重なり、そもそもフランス語・日本語の「両言語とも達者な人」が育だちづらい傾向があり、(いわば「母数」や「ピラミッドの底辺」が小さいので)結果として、さらに上級の、「プロフェッショナルレベルでフランス語-日本語の通訳ができる人」の数はかなり限られており、さらにその「師範級」と呼べるような人は1~2名程度(ゆるく見積もっても2~3名程度か)しかいない状況であるので)、この意味でも三浦信孝は非常に貴重で重要な人物であり、また日本とフランスの関係(「日仏関係」)のためにも非常に重要な人物である。
  2. ^ 三浦信孝教授略年譜 中央大学文学部紀要 2015-03