三浦守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

三浦 守(みうら まもる、1956年昭和31年)10月23日 - )は、東京都出身の検察官最高裁判所判事

人物・経歴[編集]

東京大学法学部卒業後、司法修習を経て、1982年昭和57年)に検事任官[1]。法務省で通算20年あまり勤務し、被害者や遺族が刑事裁判に参加し、被告人質問などをすることができる被害者参加制度の立法に携わった[2]。その後、法務省刑事局参事官、大臣官房参事官、刑事局刑事法制課長、大臣官房審議官、最高検察庁検事、那覇地方検察庁検事正、法務省矯正局長、最高検察庁監察指導部長、最高検公判部長、札幌高等検察庁検事長、大阪高等検察庁検事長を務めた[1]。大阪高検検事長時代の2017年平成29年)12月には、大阪高裁による湖東記念病院事件の再審開始決定に対して、最高裁への特別抗告をおこなった[3]

2018年(平成30年)2月26日に最高裁判所判事に就任[1]。就任会見で「社会が複雑化して価値観が多様化する中で、裁判にはより質の高い審理や判断が求められているように思う。与えられた職務に全力を尽くしたい」と語った[1]。また、「裁判官としての心構え」として、「一つ一つの事件について、常に謙虚に、当事者の意見に耳を傾け、自らの良心に問いかけながら、考えを深めたいと思います」と答えている[4]

2019年(平成31年)3月18日、三浦の名でなされた上記湖東記念病院事件の特別抗告は、三浦の同僚判事(第二小法廷菅野博之裁判長)3名の全員一致で棄却された(三行決定[5]。元検事の国田武二郎弁護士は、三浦が検事長として「『これ以上、被疑者・被告人を苦しめるな』と言えば止まったはず。署名した責任は重い」と特別抗告した対応を疑問視し、最高裁判所裁判官国民審査の際には「今回の経緯は、審査の参考資料に出てきてしかるべき」と主張している[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 最高裁 質の高い審理追求 三浦新判事が抱負 毎日新聞 2018年2月27日
  2. ^ 「当事者の主張に耳傾ける」三浦守最高裁判事が就任会見 産経新聞 2018年2月26日
  3. ^ a b 中日新聞編集局編 『私は殺ろしていません-無実の訴え12年 滋賀・呼吸器事件』 中日新聞社、2020年、36頁。ISBN 978-4-8062-0765-8
  4. ^ 最高裁判所の裁判官(三浦守)”. 裁判所. 最高裁判所. 2020年11月21日閲覧。
  5. ^ 中日新聞編集局編 『私は殺ろしていません-無実の訴え12年 滋賀・呼吸器事件』 中日新聞社、2020年、36,49頁。ISBN 978-4-8062-0765-8

関連項目[編集]

先代:
佐々木正輝
那覇地方検察庁検事正
2009年 - 2010年
次代:
上野友慈
先代:
尾﨑道明
法務省矯正局長
2010年 - 2013年
次代:
西田博
先代:
西川克行
札幌高等検察庁検事長
2015年 - 2017年
次代:
上野友慈
先代:
寺脇一峰
大阪高等検察庁検事長
2017年 - 2018年
次代:
上野友慈