三浦実生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

三浦 実生(みうら じつお、1883年明治16年)11月[1] - 没年不詳)は、日本の農商務内務官僚。官選県知事

経歴[編集]

広島県出身。三浦新平の二男として生まれる[1][2]山口高等学校を卒業[3]1905年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業後、大学院に進んだ。1907年11月、文官高等試験行政科試験に合格。農商務に入省し保険事務官補となる[1][2][3]

以後、山林事務官兼農商務書記官、林務官、山林局書記官兼農商務書記官、秋田大林区署長、農商務書記官兼同参事官、製鐵所理事、特許局次長、農商務省山林局長などを歴任[1][2]

1924年12月17日、山形県知事に就任。小作争議の対策に尽力した[2]1926年9月28日、香川県知事に転任し、同県でも小作争議の解決に尽力した[4]1927年5月17日に知事を休職[5]1928年1月10日に依願免本官となり退官した[6]

その後、帝国競馬協会常務理事、日本競馬会監事、農機具配給 (株) 社長、農機具工業組合聯合会理事長、農機具商業組合聯合会理事長、農機具輸出組合理事長などを務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『人事興信録』第13版 下、ミ5。
  2. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』196頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』189頁。
  4. ^ 『新編日本の歴代知事』899頁。
  5. ^ 『官報』第113号、昭和2年5月18日。
  6. ^ 『官報』第308号、昭和3年1月11日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第13版 下、1941年。