三浦慎悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三浦 慎悟(みうら しんご、1948年 - )は、日本哺乳類学者。早稲田大学人間科学学術院人間環境科学科名誉教授。元日本哺乳類学会会長。日本哺乳類学会理事。専門は生物学、動物行動生態学で、野生動物の生態や行動をフィールドワークで明らかにし、それらを保全と管理に役立てることをライフワークにしてきた[1]

人物[編集]

1948年東京都出身。東京農工大学農学部林学科卒、東京農工大学大学院農学研究科修了、1983年 理学博士(京都大学[1]。論文の題は「Social behavior and territoriality in male sika deer (Cervus nippon) during the rut in Nara Park, Japan(奈良公園における発情期のオスシカの社会行動とナワバリ)」[2]兵庫医科大学生物学教室助手、農林水産省森林総合研究所鳥獣研究室長・森林動物科長・研究管理官、新潟大学農学部教授を経て早稲田大学人間科学学術院人間環境科学科教授[1]。2019年定年退職。

著書[編集]

論文[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 早稲田大学人間科学学術院教員紹介三浦慎悟[1]
  2. ^ 博士論文書誌データベース