三浦方義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三浦 方義
Masayoshi Miura 1956 Scan10007.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 青森県三戸郡五戸町
生年月日 (1933-08-23) 1933年8月23日(84歳)
身長
体重
172 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1952年
初出場 1952年
最終出場 1962年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 大毎オリオンズ
    東京オリオンズ
    ロッテオリオンズ(1963 - 1965, 1968, 1973)

三浦 方義(みうら まさよし、1933年8月23日 - )は、青森県三戸郡五戸町出身の元プロ野球選手投手)・コーチ解説者

経歴[編集]

五戸高校卒業後の1952年読売ジャイアンツへテスト入団するが[1]、4年間で一軍公式戦での登板は9試合のみに留まり、自由契約となる[2]1956年大映スターズへ移籍。林義一選手兼任コーチから「肩の開きが早い」という指摘を受けて左足の踏み出し位置を変えると、投球フォームもややサイド気味のスリークォーターに変えて、かつ横の変化球も覚える。藤本定義監督の方針で無理な登板過多を避けたことも奏功し、29勝・防御率1.77(リーグ5位)の好成績を挙げ、最多勝利タイトルを獲得(日本プロ野球史上、青森県出身者としては初のタイトル)。それまでの記録(荒巻淳らの26勝)を破って、当時のシーズン勝利数パ・リーグ記録を作る。1957年は12勝・防御率3.54(リーグ13位=最下位)と成績を落とし、同年には稲尾和久が35勝を挙げて勝利数のリーグ記録もわずか1年で更新された。大映が毎日と合併して大毎オリオンズとなった1958年にも11勝と3年連続二桁勝利を記録するが、以降は4年間で4勝に留まり、1962年に現役を引退。

引退後は大毎→東京→ロッテで二軍投手コーチ(1963年 - 1965年, 1968年, 1973年)、スカウト(1966年 - 1967年, 1969年 - 1972年)を務めた。コーチ時代は迫田七郎成田文男(1期目)、八木沢荘六木樽正明村田兆治(2期目)、三井雅晴(3期目)を育てた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1952 巨人 2 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 23 4.2 7 1 3 -- 0 1 0 0 5 5 9.00 2.14
1953 5 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 40 7.2 13 1 4 -- 0 1 0 0 8 7 7.88 2.22
1954 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 20 4.2 5 3 2 -- 0 4 0 0 5 5 9.00 1.50
1955 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 14 3.2 4 0 0 0 0 4 1 0 1 1 2.25 1.09
1956 大映 61 29 12 3 1 29 14 -- -- .674 1291 329.2 220 6 109 5 8 187 5 0 80 65 1.77 1.00
1957 49 25 10 1 3 12 21 -- -- .364 954 224.0 218 11 62 1 3 110 4 0 107 88 3.54 1.25
1958 大毎 42 25 5 0 0 11 8 -- -- .579 726 175.0 159 11 40 1 5 91 1 0 72 54 2.78 1.14
1959 34 15 0 0 0 3 8 -- -- .273 406 95.1 101 4 19 4 3 52 3 0 49 43 4.03 1.26
1960 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 7 1.0 1 0 3 0 0 1 0 0 0 0 0.00 4.00
1961 6 0 0 0 0 1 1 -- -- .500 31 7.0 8 2 3 0 0 2 0 0 5 5 6.43 1.57
1962 19 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 170 43.0 33 3 10 0 2 22 1 0 15 10 2.09 1.00
通算:11年 222 97 27 4 4 56 53 -- -- .514 3682 895.2 769 42 255 11 21 475 15 0 347 283 2.84 1.14
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 34 (1952年 - 1955年)
  • 51 (1956年)
  • 12 (1957年)
  • 10 (1958年 - 1962年)

脚注[編集]

  1. ^ 『プロ野球人名事典 1999』467頁
  2. ^ 『日本プロ野球トレード大鑑』83頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]