三浦明次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
三浦明次
時代 江戸時代中期
生誕 享保11年3月2日1726年4月3日
死没 寛政9年12月5日1798年1月21日
改名 政五郎(幼名)→明次→其次
戒名 立信院殿仁誉義興源道大居士
墓所 東京都府中市紅葉丘の誓願寺
官位 従五位下、玄蕃頭、兵庫頭、志摩守、備後
幕府 江戸幕府
三河西尾藩主→美作勝山藩
氏族 三浦氏
父母 父:三浦明喬
母:鍋島吉茂の養女(鍋島元武の娘)
養父:三浦義理
正室:松平輝規の娘、継室:内藤政樹の娘
前次、守次、娘(石川総孝正室)、幸姫(酒井忠言正室)、娘(皆川庸清正室)
養子:矩次

三浦 明次(みうら あきつぐ)は、三河西尾藩の第2代藩主、美作勝山藩の初代藩主。美作勝山藩三浦家6代。

生涯[編集]

三河刈谷藩主・三浦明喬の三男。享保17年(1732年)2月28日、明喬の跡を継いだ叔父の三河西尾藩主・三浦義理の養嗣子となり、宝暦6年(1756年)8月24日に家督を継ぐ。明和元年(1764年)6月21日、西尾から美作高田に移封され、高田を勝山と改名した。三井和親に書を学んだ優秀な書家であり、徳川将軍家尾張徳川家の師範を務めたことがある。

安永元年(1772年)、養嗣子の矩次に家督を譲って隠居した。矩次は先代義理の長男で、血縁上では明次の従弟にあたる。

天明6年(1786年)10月に其次(ことつぐ)と改めている。寛政9年(1797年)12月5日、72歳で死去した。

系譜[編集]

美作勝山藩主三浦家を実系で示せば以下のとおり。

三浦明敬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明喬
 
 
 
義理
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明次1
 
 
 
矩次2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前次3
 
 
 
毗次4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誠次5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
峻次6義次7弘次9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朗次8顕次10
  • 実線は実子、点線は養子を示す。
  • すべての人物を掲載してはおらず、また兄弟・姉妹の順に配列してはいない。
  • 数字は美作勝山藩主の代数を示す。