三浦翔太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
三浦 翔太
Miura Shota.JPG
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県上閉伊郡大槌町
生年月日 (1989-11-10) 1989年11月10日(31歳)
身長
体重
177 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 育成選手ドラフト3位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

三浦 翔太(みうら しょうた、1989年11月10日 - )は、岩手県上閉伊郡大槌町出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。プロでは育成選手であった。

経歴[編集]

小学校3年時から野球を始め、途中で滝沢村(現・滝沢市)[1]へ引っ越す。滝沢村立滝沢南中学校時代は、滝沢いわてシニアに所属し硬式野球を始める[2]

盛岡大附高に進学し、野球部に入部。野球部では、唯一特進クラスに在籍していた[3]。1年時にアンダースローに転向。2年時の秋からエースとなり、3年時の夏は岩手県予選準決勝で敗退。甲子園出場経験は無し。

高校卒業後は、国立大学岩手大学教育学部生涯教育課程・スポーツ教育コース(現・教育学部学校教育教員養成課程)に進学[4]北東北大学野球連盟に加盟している同校野球部に入部する。1年時の春からリーグ戦に登板し、秋には国立大学ながらリーグ戦2位と躍進。自身は、優秀選手賞を受賞した。3年時の秋にも再び2位躍進を果たし、2度目の優秀選手賞を獲得した。
最終的に、4年間で通算72試合に登板し、35勝27敗、防御率1.87を記録。通算35勝、通算400奪三振、通算38完投、通算4無四球勝利、1シーズン7勝、1シーズン10完投、1シーズン4完封と7つのリーグ記録を塗り替えた[3]

2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議福岡ソフトバンクホークスから育成3位指名を受けた。

2012年は主に三軍戦に登板し、23試合で3勝8敗1セーブ、防御率3.73、三軍戦に登板した投手の中で最長の94イニングを投げた。二軍戦にも登板し、8試合21イニングを投げ0勝2敗、防御率3.00の数字を残した。しかし肘の故障で11月20日に右肘関節内側側副靱帯(じんたい)の再建手術を行った[5]

2014年10月31日に球団から戦力外通告を受け[6]、同日付で自由契約公示された[7]

引退後は岩手県の教員採用試験に合格し、県内の中学校で体育教師として勤務するかたわら、軟式野球チーム「雫石クラブ」に所属し、「オール岩手」に選ばれ国体にも出場している[8]

選手としての特徴・人物[編集]

アンダースローから最速137km/hのストレートと、スライダーカーブシンカーを投げる[2][3]

同じアンダースロー投手である渡辺俊介牧田和久を参考に、投球を収めたビデオで研究を重ねていた[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 134 (2012年 - 2014年)

脚注[編集]

  1. ^ 羽ばたけサブマリン~SB三浦投手が村長訪問”. 滝沢村役場 (2011年11月24日). 2012年7月8日閲覧。
  2. ^ a b 岩手大・三浦 地上18センチからプロへ”. nikkansports.com (2011年10月25日). 2011年11月21日閲覧。
  3. ^ a b c d ソフトB育成3位・三浦、国立大の星に (2/2ページ)”. SANSPO.COM (2011年11月8日). 2011年11月21日閲覧。
  4. ^ 岩手大学 大学案内 2020」、岩手大学、2020年7月22日閲覧。
  5. ^ 【ソフトB】育成三浦が右肘手術へ”. nikkansports.com (2012年11月19日). 2013年2月21日閲覧。
  6. ^ 来季契約についてソフトバンク球団公式サイト2014年10月31日配信
  7. ^ 2014年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年11月7日閲覧。
  8. ^ オール岩手エース三浦はプロ3年のサブマリン”. 日刊スポーツ (2016年9月15日). 2021年2月14日閲覧。

関連項目[編集]