三浦虎雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三浦虎雄

三浦 虎雄(みうら とらお、1883年明治16年)5月19日[1] - 1957年昭和32年)1月14日[2])は、日本の衆議院議員立憲民政党国民同盟東方会)、厚生政務次官延岡市長

経歴[編集]

宮崎県東臼杵郡恒富村(現在の延岡市)出身の軍医監・衆議院議員三浦得一郎の長男として生まれる。福岡県立中学修猷館を経て、1908年(明治41年)京都帝国大学法科大学政治科を卒業し、外務省嘱託を経て、1910年(明治43年)に海軍主計中尉に任官した[3]1925年大正14年)、主計中佐で予備役となる。その間、日独戦争シベリア出兵に従軍した[4]

1928年(昭和3年)、第16回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第21回まで5回当選を果たした。その間、阿部内閣で厚生政務次官を務め、1941年(昭和16年)から1946年(昭和21年)まで延岡市長を務めた。

戦後、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放となり[5]、追放解除後の1952年(昭和27年)から1956年(昭和31年)まで再度延岡市長を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、34頁。
  2. ^ 『新訂政治家人名事典』
  3. ^ 『人事興信録』
  4. ^ 『衆議院要覧』
  5. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年350頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十七年十一月』 衆議院事務局、1942年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第12版(下)』 人事興信所、1939年
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年