三浦隆夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三浦 隆夫(みうら たかお、1938年11月25日 - )は、日本の評論家。

略歴[編集]

北海道生まれ。1961年同志社大学文学部英文科卒。京都新聞社に入り、90年編集委員、論説委員を経て96年退職、西本願寺中央仏教学院[1]。この間、京都教育大学附属小学校で臨時用務員を務め、『私、用務員のおっちゃんです』を書いた。

著書[編集]

  • 『都のべからず物語』藤原みてい絵 京都新聞社 1995
  • 一燈園西田天香の生涯』春秋社 1999
  • 『私、用務員のおっちゃんです』2000 小学館文庫
  • 『京都ことわざ散歩』藤原みてい絵 京都新聞社 2000

共編著[編集]

  • 『都の花がたみ 心なごむ花と人間のドラマ』京都新聞社共編 京都新聞社 1991
  • 『都の数えうた』京都新聞社編 井村定雄共著 京都新聞社 1992
  • 『東山三十六峰を歩く 面白の花の都や』京都新聞社共編 京都新聞社 1995
  • 『能百番を歩く』杉田博明共著 京都新聞出版センター 2004
  • 『爆笑!パロディー百人一首』藤原みていカルタ絵 京都新聞出版センター 2006

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002