三浦雲居

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
古希自画像1900年前後、個人蔵

三浦 雲居(みうら うんきょ、1831年 - 1912年)は、幕末から明治期の俳人美濃国岐阜多賀町の人。最初、美濃笠松町に住す。書籍商を営む。漢詩俳画に長ずる。俳号に一円窓、杓子庵、雲居坊など。著書に「つたふ松風」。俳諧美濃派以哉派24世。大正元年(1912年)に没。

古希自画像(全体)、個人蔵