三浦靱郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三浦 靱郎(みうら ゆきお、1912年2月5日 - 1997年5月20日[1])は、日本のドイツ文学者。

東京出身。1934年東京帝国大学文学部独文科卒。1937年第七高等学校教授、陸軍教授、第五高等学校教授、法政大学教授、東京学芸大学教授。1975年日本工業大学教授、1978年学長。1987年勲二等瑞宝章受勲[2]

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『大学ドイツ語講座 第2巻 大学一年後期篇』海老原晃,野島正城共著 郁文堂出版 1955
  • 『郁文堂和独辞典』冨山芳正,山口一雄共編 郁文堂 1983
  • 『音楽の冗談』編 音楽之友社 1984

翻訳[編集]

  • ワルター・カヴィーツェル『何故と問うなかれ』国松孝二,斎藤栄治共訳 白水社 1955
  • ワルター・カヴィーツェル『永遠の誓』斎藤栄治共訳 白水社 1958
  • オッティリエ・モスハーマー『イルムガルトとマリアンネ』中央出版社 ユニヴァーサル文庫 1960
  • フリードリヒ・フェルト『見えないオーケストラ』中央出版社 少年少女文庫 1960
  • M.Z.トーマス『ぼくたちのシュヴァイツァー』ヴェルナー・クレ絵 白水社 1961
  • 『生きることについて ヘッセの言葉』訳編 社会思想社 現代教養文庫 1963
  • 『愛と思索の日々 シュヴァイツァーの言葉』訳編 社会思想社 現代教養文庫 1965
  • 『シュバイツア名言集』ポプラ社 1966
  • イソップ名言集』ポプラ社 1968
  • フェリックス・フーフ『小説モーツァルト』音楽之友社 1968
  • フリードリヒ・フェルト『うたうこうもりがさ』山中冬児絵 偕成社 1969
  • スヴェン・フレロン『フレロン動物文学集』高木澄朗絵 ポプラ社、1969
警察犬フラックス
森の魔王ワシミミズク
猟犬シュニップ
  • フェリックス・フーフ『小説ベートーヴェン』音楽之友社 1969
  • フランツェ・ベウク『山のみなしごたち』原健爾絵 ポプラ社 1970
  • クラウス・マン『小説チャイコフスキー』音楽之友社 1972
  • ユダヤ笑話集』訳編 社会思想社 現代教養文庫 1975
  • ザルチア・ラントマン編『ユダヤの笑話と格言』社会思想社 現代教養文庫 1976
  • M.ゴリオン編『ユダヤ民話集』社会思想社 現代教養文庫 1980
  • S.ラントマン『永遠のユダヤ人 生きのこりの論理』川副富男、長谷川嗣彦共訳 社会思想社 1981
  • バーナード・グリューン『鍵穴から見た大音楽家』訳編 音楽之友社 1982
  • イツィク・マンガー『天国の話』川副富男共訳 社会思想社 1983

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『現代日本人名録』1987年