三瀬気比神社社叢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

地理院地図 Googleマップ 三瀬気比神社社叢

三瀬気比神社社叢(さんぜきひじんじゃしゃそう)は、山形県鶴岡市にある三瀬気比神社の鎮守の森[1]

概要[編集]

三瀬気比神社付近からは、縄文弥生平安期などの遺物が出土している[2]。 社叢は約9.4haあり、ケヤキイタヤカエデ、オオサワシバ、ネムノキミズナラタブノキササオオバジャノヒゲブナヤダケ、ミチノクホンモンジスゲ、ツクバネモミヤブツバキヒメアオキハイイヌガヤキッコウハグマ、キズタ、ヤブコウジオオバジャノヒゲイタヤカエデなどが生育する。丘陵の東部のほぼ円形の窪地には、御池と呼ばれる約3000m2の池がある[1]1977年昭和52年)4月2日に国の天然記念物に指定された。

所在地[編集]

  • 〒999-7463 山形県鶴岡市三瀬字宮ノ前1

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 三瀬気比神社社叢 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  2. ^ 三瀬気比神社 山形県鶴岡市三瀬宮ノ前 - 神社と古事記

関連項目[編集]

座標: 北緯38度42分24.2秒 東経139度40分15.5秒 / 北緯38.706722度 東経139.670972度 / 38.706722; 139.670972