三環系抗うつ薬過剰摂取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三環系抗うつ薬過剰摂取
別称 TCA poisoning, TCA overdose, TCA toxicity
Amitriptyline.svg
Chemical structure of the tricyclic antidepressant amitriptyline
診療科 {{ Emergency medicine }}
症候学 Elevated body temperature, large pupils, irregular heart beat, seizures[1]
通常の発症 Within 6 hours[2]
原因 Accidental or purposeful[2][3]
治療 Supportive, sodium bicarbonate, lipid emulsion[2]
頻度 Relatively common[1][4]
死亡者数 270 per year (UK)[1]

三環系抗うつ薬過剰摂取(さんかんけいこううつやくかじょうせっしゅ)は三環系抗うつ薬 (TCA) の過剰摂取によっておこる中毒である。症状は高体温、視界のかすみ、散瞳、眠気、混乱、発作、頻脈心停止などがある[1]。 摂取後6時間以内に症状がでなかった場合その後に症状がでることは稀である[2]

原因と診断[編集]

TCAの過剰摂取は事故的な誤飲または自殺を試みるための故意的な場合がある[2]。毒性量はTCAの種類により異なる。ほとんどのものTCAは5mg/kg以下だとが無毒性たがデジプラミン、ノルトリプチリン、トリミプラミンは一般的に2.5 mg/kg以下なら無毒性である[5]。小さな子供には1~2錠で致命的な量である[6]。過剰摂取が疑われる場合は診察に心電図(ECG)も用いるべきである[2]

治療[編集]

過剰摂取した場合の処置には活性炭が勧められる[1]。無理やりな嘔吐はするべきでない[1]。広めのQRS複合体(> 100 ms)の患者は炭酸水素ナトリウムか勧められる[2]。発作が発生した場合ベンゾジアゼピンを投与するべきである[2]低血圧の患者には点滴とノルアドレナリン が用いられる[1]。脂質エマルションの静脈内投与も試みられる[3]

疫学と歴史[編集]

TCAは2000年初期に最も起きた一般的な中毒の原因の一つである[1]。2004年の米国で診られた中毒は12,000件を超える[2]。英国では年間およそ270人が死亡している[1]。TCA過剰摂取による死亡が最初に報告されたのは1959年である[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j “Tricyclic antidepressant overdose: a review”. Emerg Med J 18 (4): 236–41. (2001年). doi:10.1136/emj.18.4.236. PMC 1725608. PMID 11435353. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1725608/. 
  2. ^ a b c d e f g h i Woolf, Alan D.; Erdman, Andrew R.; Nelson, Lewis S.; Caravati, E. Martin; Cobaugh, Daniel J.; Booze, Lisa L.; Wax, Paul M.; Manoguerra, Anthony S. et al. (2007年1月1日). “Tricyclic antidepressant poisoning: an evidence-based consensus guideline for out-of-hospital management”. Clinical Toxicology 45 (3): 203–233. doi:10.1080/15563650701226192. ISSN 1556-3650. PMID 17453872. 
  3. ^ a b Cao, Dazhe; Heard, Kennon; Foran, Mark; Koyfman, Alex (2015年3月1日). “Intravenous lipid emulsion in the emergency department: a systematic review of recent literature”. The Journal of Emergency Medicine 48 (3): 387–397. doi:10.1016/j.jemermed.2014.10.009. ISSN 0736-4679. PMID 25534900. 
  4. ^ “Tricyclic antidepressant poisoning : cardiovascular toxicity”. Toxicol Rev 24 (3): 205–14. (2005年). doi:10.2165/00139709-200524030-00013. PMID 16390222. 
  5. ^ Bartram, Tom (2008年3月1日). “Best BETs from the Manchester Royal Infirmary. Bet 3. Toxic levels of tricyclic drugs in accidental overdose”. Emergency medicine journal: EMJ 25 (3): 166–167. doi:10.1136/emj.2007.056788. ISSN 1472-0213. PMID 18299371. 
  6. ^ “Are one or two dangerous? Tricyclic antidepressant exposure in toddlers”. J Emerg Med 28 (2): 169–74. (2005年). doi:10.1016/j.jemermed.2004.08.018. PMID 15707813.