三田定則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三田 定則(みた さだのり、1876年1月27日 - 1950年2月6日)は、日本の法医学者、血清学者。

岩手県盛岡出身。旧姓・関。第3代盛岡市長の関定孝は実兄、石川啄木の友人板垣玉代は姪[1]。1901年東京帝国大学医科大学専科卒。1904年岩手医科専門学校(現:岩手医科大学)創立者の三田俊次郎の養子となる。1901年東京帝大医科大学医化学教室に入り、1904年助教授となり、法医学教室に転じた。1907年ドイツ、フランスに留学、血清学を研究。1912年帰国。1914年医学博士。1918年血清化学講座開設で教授となり、1921年から法医学講座主任も兼任。1920年学術研究会議会員、1932年帝国学士院会員。1936年定年退職、台北帝国大学医学部長、1937年同総長となり熱帯医学研究所の設立などに尽力。1941年台北帝大総長を辞任、岩手医学専門学校長となった。没時、勲一等瑞宝章受勲[2][3]

著書[編集]

  • 『法医学大意』松華堂書店 1928
  • 『法医学講話』松華堂書店 1930
  • 『自殺・他殺』鉄塔書院 1933
  • 『法医学』啓明社 1933
  • 『法医学』金原書店 1934
  • 『血清化学の進歩と実地医学への応用』臨牀医学講座 金原商店 1935
  • 『血清学領域に於ける新知見』克誠堂 1936

共著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]