三田尚央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三田 尚央 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヒサ[1]
カタカナ ミタ ヒサオ
ラテン文字 MITA Hisao
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-05-20) 1991年5月20日(26歳)
出身地 栃木県足利市[2]
身長 177cm
体重 68kg
選手情報
ポジション MFFW
利き足 [1]
ユース
1998-2003
2004-2006
2007-2009
2010-2012
金太郎JYC
足利両毛ユナイテッドFC
FC東京U-18
東洋大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014 YSCC横浜 32 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2015.01.22現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

三田 尚央(みた ひさお、1991年5月20日 - )は、栃木県足利市[2]出身の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(MF)及びフォワード(FW)東洋大学国際地域学部[3]

来歴[編集]

栃木県で育つも、2007年に越境でFC東京U-18へ加入した。同年、東京都選抜の一員として国体で優勝を経験。登録上はFWだったが[2][4]、同期のFW重松健太郎[2]との併用のためにMF(サイドハーフ)に配された[4]。コーチ有馬賢二の親身な指導を受けて成長し[5]2009年のJリーグユース選手権大会では重松を上回るハイペースで得点を量産。決勝戦でも追加点を挙げてチームの優勝に貢献し、同大会の得点王に輝いた。

2010年から東洋大学に進学し、サッカー部に所属。FWとして先輩の野崎桂太とポジションを争いつつ[6]、鋭い突破を武器とするサイドアタッカー[7]としても活躍。チームの攻撃の核となった[8]

2013年冬、恩師有馬のJ3リーグ横浜スポーツ&カルチャークラブ監督就任を知り、同クラブのセレクション受検を決意[5]2014年に加入し[9][3]、チーム3位タイとなるリーグ戦32試合に出場するも、この年限りでの現役引退を表明[10]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2014 YS横浜 18 J3 32 1 - 2 1 34 2
通算 日本 J3 32 1 - 2 1 34 2
総通算 32 1 0 0 2 1 34 2

タイトル[編集]

個人[編集]

  • Jリーグユース選手権大会 得点王 (2009年)

脚注[編集]

関連項目[編集]