三田文学新人賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三田文学新人賞(みたぶんがくしんじんしょう)は三田文学会が主催する公募新人文学賞である。1994年に小説評論の2部門で開始された。第18回では創刊100年を記念し、戯曲の2部門を加えて行われた。発表誌は同会の発行する「三田文学」。現在の選考委員はいしいしんじ小池昌代青来有一持田叙子の4名。

小説部門受賞作一覧[編集]

第1回から第10回[編集]

  • 第1回(1994年
    • 当選作 - 石塚浩之 K 「万華鏡分解」
    • 佳作 - 久礼もよこ K 「夜行少女」
  • 第2回(1995年
    • 当選作 - 竹内真 K 「ブラック・ボックス」
    • 佳作 - 塚越淑行 「溢流」、横溝友美 「五月の福音」、奥憲太 「遠い日、戦いの向こう側」
  • 第3回(1996年
    • 当選作 - 柳澤和子 K 「雨知らぬ空」
    • 佳作 - 高須智士 K 「見知らぬ街を歩いた記憶」、加地慶子 「消える夏」
  • 第4回(1997年
    • 当選作 - 松本晴子 K 「BONES」、吉川道子 K 「ひつじの姉妹」
    • 佳作 - 笹岡大樹 K 「恢復の季節」
  • 第5回(1998年
    • 当選作 - 林克彦 K 「カウンターフィット・カーヴィング」
    • 佳作 - 福澤英敏 「悲しみの花」、小林かをる K 「舞い散る雪に光が降りて」
  • 第6回(1999年) - 該当作なし
  • 第7回(2000年
    • 佳作 - 鈴木和子 「オニオンスキン・テイルズ」
  • 第8回(2001年
    • 当選作 - 松本智子 K 「ジャイブ」
  • 第9回(2002年
    • 当選作 - 宮内聡 「坂」
  • 第10回(2003年
    • 当選作 - 片野朗延 K 「仮病」、永野新弥 K 「ルッキング・フォー・フェアリーズ」、平井敦貴 K 「冬のコラージュ」

第11回から第20回[編集]

  • 第11回(2004年
    • 当選作 - 岡﨑竜一 K 「シャンペイン・キャデラック」
  • 第12回(2005年
  • 第13回(2006年
  • 第14回(2007年
  • 第15回(2008年
    • 当選作 - 多田真梨子 K 「にずわい」
  • 第16回(2009年
    • 当選作 - 西本綾花 K 「過酸化水素水 2H202→2H2O+O2↑」
  • 第17回(2010年)- 該当作なし
  • 第18回(2011年
    • 当選作 - 長野慶太 K 「女子行員:滝野」
    • 佳作 - 菅野宗 K 「シネマ・ロマン」
    • 吉増剛造奨励賞 - 片岡周子 「玉響」
  • 第19回(2012年
    • 当選作 - 媛ひめる 「塔はそこにある」
    • 田中和生奨励賞 - 間ミツル 「紫陽花」
  • 第20回(2013年
    • 佳作 - 原里実 「タニグチくん」

第21回から第30回[編集]

  • 第21回(2014年
    • 佳作 - 門倉ミミ 「あの日、あの時」
  • 第22回(2015年
    • 佳作 - 岡英里奈 K「カラー・オブ・ザ・ワールド」
    • いしいしんじ奨励賞 - 荻原美和子「受胎」
    • 佐伯一麦奨励賞 - 藤代淑子「あるく女」
  • 第23回(2016年
    • 佳作 - 髙田友季子 「乾き」、田崎弘章 「火を囲う者たちへ」
    • 奨励賞 - 黒川英市「リンガの彼方」
  • 第24回(2017年
    • 当選作 - 佐藤述人 NG「ツキヒツジの夜になる」
  • 第25回(2018年
    • 当選作 - 望月なな 「炭酸の向こう」
    • 佳作 - 桐本千春 「紅い烙印」

評論部門受賞作一覧[編集]

第1回から第10回[編集]

  • 第1回(1994年
    • 佳作 - 福田はるか 「匿名<久保田あらゝぎ生>考」
  • 第2回(1995年) - 該当作なし
  • 第3回(1996年
    • 佳作 - 五味渕典嗣 K 「谷崎潤一郎――散文家の執念」
  • 第4回(1997年) - 該当作なし
  • 第5回(1998年) - 該当作なし
  • 第6回(1999年
    • 当選作 - 永原孝道 W 「お伽ばなしの王様――青山二郎論のために」
  • 第7回(2000年
    • 当選作 - 田中和生 K 「欠落を生きる――江藤淳論」
  • 第8回(2001年) - 該当作なし
  • 第9回(2002年) - 該当作なし
  • 第10回(2003年) - 該当作なし

第11回から第20回[編集]

  • 第11回(2004年) - 該当作なし
  • 第12回(2005年) - 該当作なし
  • 第13回(2006年) - 該当作なし
  • 第14回(2007年) - 若松英輔 K 「越知保夫とその時代――求道の文学」
  • 第15回(2008年) - 該当作なし
  • 第16回(2009年) - 該当作なし
  • 第17回(2010年) - 岡本英敏 K 「モダニストの矜持(きょうじ)--勝本清一郎論」
  • 第18回(2011年) - 金子遊 K 「弧状の島々 ソクーロフとネフスキー」
  • 第19回(2012年) - 川崎秋光 「「喪失」の系譜 」
  • 第20回(2013年) - 該当作なし

第21回から第30回[編集]

  • 第21回(2014年) - 該当作なし
  • 第22回(2015年) - 該当作なし
  • 第23回(2016年) - 該当作なし
  • 第24回(2017年) - 該当作なし
  • 第25回(2018年) - 該当作なし

詩部門受賞作一覧[編集]

  • 第18回(2011年
    • 当選作 - 大島賢利 K 「ラーク」、吉田誠一 R 「郷愁」
    • 坂手洋一奨励賞 - 清中愛子 G「宇宙みそ汁」

戯曲部門受賞作一覧[編集]

  • 第18回(2011年) - 該当作なし
受賞者名の後のローマ字は、受賞当時の在籍大学、または出身大学を表す。(アルファベット順)
G:東京芸術大学 K:慶應義塾大学 N:二松學舍大学 NG:日本大学芸術学部 R:立教大学 W:早稲田大学

関連項目[編集]