三田純義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三田 純義(みた すみよし、1949年12月6日 - )は、日本学者教育学者である。群馬大学教授。専門は金属加工機械電気電子情報技術教育。

来歴・人物[編集]

専門分野[編集]

  • 教育工学
    • 生産工学・加工学
    • 設計工学・機械機能要素・トライボロジー
  • 研究テーマ
    • マイクロ風車に関する研究
    • 階段移動ロボットの開発
    • 学習者の意欲をひきだす教育方法の開発

担当講義[編集]

  • 技術科教材開発演習B
  • 金属加工
  • 金属加工実習
  • 材料学
  • 材料加工演習
  • 工業科教育法特論演習
  • 技術科教育特論
  • 材料工学特論
  • 材料工学特論演習
  • 技術教育特別研究  

著書・論文[編集]

著書[編集]

  • 『工業科「課題研究」 の指導の手引』(実教出版、1988年)
  • 『高等学校工業科 検定教科書 「新機械工作1」「新機械工作2」』(実教出版、1990年)
  • 『「新機械工作1」演習ノート、「新機械工作2」演習ノート』(実教出版、1990年)
  • 『機械設計4月号特集「超よくわかる機械設計入門」』(日刊工業新聞社、1997年)
  • 『工業高等専門学校共通教材ビデオ教材「メカトロニクス」(1巻 要素と応用例、2巻 アクチュエータ、3巻 センサ、4巻制御用コンピュータ)』(放送教育開発センター、1997年)
  • 『メカトロ・エンジニアリング (10)制御技術』(パワー社、2000年)
  • 『機械設計法』(コロナ社、2000年)
  • 『具体例で学ぶ機械のしくみ』(日本技能教育開発センター、2000年)
  • 『仕事に役立つ微分・積分』(パワー社、2001年)
  • 『高等学校工業科 検定教科書「新機械工作」』(実教出版、2002年)
  • 『機械工学概論』(コロナ社、2002年)
  • 『トコトンやさしい 機械の本』(日刊工業新聞社、2006年)

論文[編集]

  • 「OHPで演示可能な教具ーースイッチとリレーによる 回路」

(技術教育研究、1983年)

  • 『OHPで演示可能な教具による演示実験をまじえた指導「計測・制御」及び「流れ」の指導を中心にして』

(工業教育、1984年)

  • 『工業高校機械科における技能』

(技術教育研究第36号、1990年)

  • 『機械工学科における「工作実習」ー作業分析にもとづいた「工作実習」の評価』

(小山工業高等専門学校研究紀要第29号、1997年)

他多数

所属学会[編集]

  • 日本機械学会
  • 技術教育研究会
  • 日本教育工学協会
  • 日本産業教育学会正会
  • 日本設計工学会
  • 日本工学教育協会
  • 日本科学教育学会
  • 計測自動制御学会
  • 日本風力エネルギー協会
  • International Technology Eucation Association (U.S.A)
  • 日本教育工学会正会員
  • 日本機械学会関東支部ブロック合同講演会
  • 日本設計工学会理事・事業部会
  • 日本設計工学会(評議員)
  • 日本産業技術教育学会