三田裕介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三田 裕介(みた ゆうすけ、1989年12月24日 - )は、日本の元陸上競技選手。専門は長距離走愛知県出身。所属は豊川工業高校早稲田大学JR東日本NTN

人物・略歴[編集]

  • 中学生の時に先生に誘われて陸上を始める[1]野球部と陸上部を掛け持ちしていた[要出典]。3年時にはジュニアオリンピック3000mで2位、都道府県対抗男子駅伝で2区を走り区間賞獲得など世代のトップクラスの選手に上り詰めた。
  • 高校は駅伝の名門豊川工業高校に進学。全国高校駅伝では1年時に3区区間賞、3年時に1区日本人1位(区間3位)と良い成績を収める[2]。トラック種目でも1年時に3000mで高校1年生日本歴代最高記録を樹立、3年時の佐賀インターハイで5000m4位(日本人2位)となるなど活躍した。
  • 大学は高校3年時の佐賀インターハイで日本人1位となった八木勇樹を誘い、一緒に早稲田大学に入学。なお早稲田大学には佐賀インターハイで八木、三田に次ぐ日本人3位となった中山卓也も入学し、インターハイの5000m日本人トップ3が同じ大学に進学することとなった。
  • 2009年の第85回箱根駅伝では4区を走り、1年生ながら区間新の走りで区間賞を獲得した。その後不調に悩まされた時期も長かったが、3年時の第87回箱根駅伝では再び駅伝メンバーに返り咲き7区を任せられた。三田は1位でタスキを受け取ると積極的な走りで後続を引き離し、区間2位の好走で早稲田大学の18年ぶり13回目の総合優勝に貢献した[3]
  • 大学卒業後JR東日本に入社。実業団選手として陸上を続けるが思うような結果が出ず、JR東日本入社から3年も経たない2015年1月31日をもって13年間の現役生活にピリオドを打つことになった[4]
  • 現役引退発表後の2015年の春にNTN陸上競技部に入部。選手として再スタートを切るも、翌年に引退。その後一年ほど同社で働いた後、大学時代のチームメイトである八木勇樹とともに高地トレーニングの再現や走る能力が測定できる施設「SPORTS・SCIENCE・LAB」を東京都内に設立し、代表に就任する[5]

自己ベスト[編集]

出典[編集]