三田西インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
三田西インターチェンジ
Sanda-nishi I.C.JPG
三田西インターチェンジ(入口料金所)
所属路線 E27 舞鶴若狭自動車道
IC番号 1
料金所番号 01-341
本線標識の表記

(上り線) Japanese National Route Sign 0176.svg 三田西 神戸三田国際公園都市

(下り線) Japanese National Route Sign 0176.svg 三田西 今田 神戸三田国際公園都市
起点からの距離 4.3 km(吉川JCT起点)
上荒川PA (2.8 km)
(18.2 km) 丹南篠山口IC
接続する一般道
Japanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
兵庫県道92号標識
兵庫県道92号三田西インター線
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
兵庫県道719号標識
兵庫県道719号三田西インター吉川線
供用開始日 1988年3月24日
通行台数 5,046台/日(2007年)
所在地 669-1339
兵庫県三田市テクノパーク14-2
北緯34度55分51.52秒 東経135度9分31.56秒 / 北緯34.9309778度 東経135.1587667度 / 34.9309778; 135.1587667
テンプレートを表示

三田西インターチェンジ(さんだにしインターチェンジ)は、兵庫県三田市にある舞鶴若狭自動車道インターチェンジ。舞鶴若狭自動車道吉川JCT - 敦賀JCT (約162km) での兵庫県側最初のインターチェンジである。

沿革[編集]

  • 1988年(昭和63年)3月24日吉川JCT - 丹南篠山口IC間開通に伴い、供用開始(当時の路線名は舞鶴自動車道[1]
  • 2010年平成22年)6月28日0時に開始された高速道路無料化社会実験では実質的に舞鶴若狭自動車道での無料区間の起点および終点のインターチェンジとなったため[2]利用車両の増加で出口では本線へ列なる渋滞が発生することがあった[要出典]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:4

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • ETC•一般:1

出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

バス停留所[編集]

料金所外側と県道上にバス停留所(三田西インターバスストップ)が設けられている。 料金所外側のバス停留所は1999年以降休止となっていたが、2018年より使用が再開されている。

停車する路線[編集]

[編集]

E27 舞鶴若狭自動車道
(6) 吉川JCT - 上荒川PA - (1) 三田西IC - (2) 丹南篠山口IC

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 関西支社の歴史(あゆみ)”. 西日本高速道路. 2017年2月3日閲覧。
  2. ^ 平成22年度 高速道路無料化社会実験”. 2017年4月8日閲覧。

関連項目[編集]