三笑亭茶楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三笑亭 茶楽さんしょうてい ちゃらく
本名 鈴木 健治
生年月日 (1942-07-03) 1942年7月3日(76歳)
出身地 東京都品川区
師匠 8代目三笑亭可楽
三笑亭夢楽
名跡 1. 三笑亭可六(1963年 - 1966年)
2. 三笑亭茶楽(1966年 - )
出囃子 岸の柳
活動期間 1963年 -
所属 日本芸術協会→落語芸術協会
受賞歴
文化庁芸術祭賞(1979年)
備考
落語芸術協会理事

三笑亭 茶楽(さんしょうてい ちゃらく、1942年昭和17年〉7月3日 - )は、落語芸術協会所属の落語家。同協会理事。本名、鈴木 健治(すずき けんじ)。出囃子は『岸の柳』。

来歴[編集]

人物[編集]

落語の海外公演を企画・実践。アメリカ合衆国カナダオーストラリアフランスブラジルなど諸外国で口演した。

得意とする噺は「文七元結」「たち切り」「品川心中」「紙入れ」「宮戸川」「子別れ」など多数。英語落語では「紙入れ」」「芝浜」「船徳」「三年目」などを演じる。

クイズマニアでもあり、フジテレビクイズグランプリ』優勝、MBSダイビングクイズ』『アップダウンクイズ』優勝、TBSクイズ世界をあなたに』優勝、日本テレビクイズオンクイズ!!』優勝、テレビ朝日クイズタイムショック』全問正解、ABCアタック25』優勝など、多くのクイズ番組で輝かしい成績を残している。

日本テレビ笑点』では、1967年10月から1969年4月まで「若手大喜利」のメンバーとしてレギュラー出演した。

関連項目[編集]