三菱・ジンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
三菱・ジンガー/CMC・ジンガー
フロント
Mitsubishi Zinger 01 China 2012-04-15.JPG
リア
Mitsubishi Zinger 02 China 2012-04-15.JPG
販売期間 三菱:2005年12月 - 2016年
CMC:2015年9月 -
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドアMPV
2ドアピックアップトラック
エンジン 4G64型 直列4気筒 2.4L
4G69型 直列4気筒 2.4L
駆動方式 FR
変速機 5速MT
4速AT
全長 4,585mm
全幅 1,775mm
全高 1,790mm
ホイールベース 2,720mm
ベース車 三菱・チャレンジャー
別名 三菱・フュージョン
先代 三菱・フリーカ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

ジンガー (Zinger) は三菱自動車工業および中華汽車 (CMC) が台湾などで販売する7人乗りMPVおよびピックアップトラックである。

概要[編集]

台湾で2005年11月に発表され、同年12月24日から発売を開始した。開発は三菱自動車の開発部門主導で行ったが、量産前における開発の一部は、台湾で三菱車の製造・販売を行っている中華汽車 (CMC) でも行われた。チャレンジャーのシャシーフレームを流用しているが、操縦安定性の向上を図るためサスペンション関係の設計は見直されている。特にリヤ廻りのサスペンションはリーフスプリングからコイルスプリングへと変更されている。デザインも含めてMPVSUVのクロスオーバー的な性格の車種である。エンジンは2400cc直4が搭載される。

2007年5月にはフィリピンへの輸出が開始された。フュージョン (Fuzion) の車名で販売される。

2008年9月、台湾で一部改良が行われ、AT搭載車のエンジンが4G64からMIVEC付きの4G69に換装された。また、同月にはベトナムのビナスター・モーターズでもCKD生産および販売が開始された。組立部品は台湾から輸出される。

2008年12月、中国東南汽車で製造・販売が開始。

この他、中華汽車の自社ブランド車CMC・Z7として中東諸国などに輸出されている。

2015年9月、台湾でマイナーチェンジが行われ、台湾向けもCMC・ジンガーとして自社ブランドに切り替えられた。フィリピン向けのフュージョンは廃止。

2016年頃、東南汽車(中国)での製造・販売を終了。

2020年9月、台湾でピックアップトラックの「ジンガーピックアップ」を追加[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “中華汽車、新型ピックアップトラック「Zinger Pickup」を発売”. 自動車産業ポータル マークラインズ. (2020年9月4日). https://www.marklines.com/ja/news/243810 2021年1月29日閲覧。