三菱・ピスタチオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
三菱・ピスタチオ
GH-H44A型
2000 Mitsubishi Pistachio (18353516418).jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1999年12月-2000年3月
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドアテールゲート付(3ドア)
エンジン 4A31-1,GDI-ASG (1,094cc)
駆動方式 前輪駆動
最高出力 54kW/6,000rpm
最大トルク 100N·m/4,000rpm
変速機 F5M12(2WD-5M/T)
サスペンション コイルスプリング
全長 3,440mm
全幅 1,475mm
全高 1,510mm
ホイールベース 2,340mm
車両重量 700kg
ベース車種 三菱・ミニカ(GF-H42A)
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

ピスタチオPistachio)は、三菱自動車工業が製造・販売していたハッチバック乗用車小型自動車)である。

概要[編集]

  • 1999年12月に、三菱車としては生産台数が歴代最少(2019年8月現在)となる50台限定の、自治体・公益企業対象車として受注限定販売された。ボディは3ドアハッチバックのみである。
  • 燃費の低減をコンセプトにしたモデルで、当時人気であった軽自動車ミニカ(GF-H42A)の3ドアハッチバックをベースとして、4A31型DOHC16バルブ直列4気筒GDIエンジン(1,094cc)を搭載し、アイドリングストップシステムを備えて発表された。シフトは5速MTのみの設定。パワーウェイトレシオは9.45kg/PS(ネット値)。
  • 燃費は10・15モードで30.0km/Lと低燃費である。主な装備はエアコン電動パワーステアリングパワーウィンドウなど必要最低限[1]であるが、SRSエアバッグを搭載している。タイヤとホイールに関しては軽量化やバネ下重量軽減のため、サイズが135/80R13(70S)のラジアルタイヤ(H40型系ミニカにも採用グレードあり)、およびENKEI[2]13インチアルミホイールを採用している。また細かいところでは当時のミニカと異なりマルチリフレクターヘッドランプが標準で装備され(のちにミニカにも順次採用)、リアコンビネーションレンズのターンランプ部分がアンバーからホワイトに変更されている。

主要特長[編集]

  1. 低燃費化技術の導入 ①4A31-GDIエンジンの搭載 ②ASGシステムの採用 ③電動パワーステアリングの導入
  2. 内装・外観のリフレッシュ化 ①専用ボディカラーの採用 ②専用フロントバンパーの装着 ③フロントエンドガーニッシュ及びサイドエアダムの装着 ④専用シート生地の採用
  3. 車両軽量化 ①フロント及びリヤサスペンション構成部品の軽量化 ②新デザインの軽量アルミホイールを装着 ③ウインドガラスの板厚低減 ④ボンネットフードのアルミ化 ⑤リヤシートのシートバックパネルをアルミ化

開発のねらい[編集]

ピスタチオは、当時市場で好評のミニカをベースに、環境に対する取り組みを積極的にアピールするため、当時最先端の低燃費技術を導入し、GDIの将来性及び可能性を具体化した超低燃費車として開発された。

歴史[編集]

型式 GH-H44A型(1999年 - 2000年)[編集]

  • 1999年
    • 12月上旬 - 製造開始。
    • 12月22日 - 発表、および販売開始。
  • 2000年
    • 2月下旬 - 製造完了。
    • 3月31日 - 販売終了。

車名の由来[編集]

ナッツ類のピスタチオから。車体色もピスタチオをイメージしたツートンカラー(シトロンイエローとロアールグリーン)のみである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ メーカーオプションとして、センタードアロック・キーレスエントリー、サイドエアダムの2トーン化、ドアミラーの電動リモコン化の3点については選択可能であった。
  2. ^ ホイール裏面センターハブ付近にENKEIのロゴが入っている。