三菱・ブラボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三菱・ミニキャブ > 三菱・ブラボー

ブラボー (BRAVO) は、三菱自動車工業が販売(4代目以降はスズキが製造)しているワンボックスカー軽自動車である。販売上は乗用車扱い(ミニキャブの乗用グレード的位置付け)だが、登録上は商用バン(4ナンバー)である。

概要[編集]

ミニキャブエステートの後継車として発売され、タウンボックスがブラボーの後継車として発売される。

貨物自動車登録ながら、エアコン、全席全開閉式パワーウインドウ、集中ドアロック、内装フルトリム、4スピーカー搭載オーディオなど、当時としては乗用車に引けをとらない豪華装備を備えた上級グレードも存在した[1]

名目上はワゴン車だが、車検証の登録上では「貨物」扱い(4ナンバー)となっている。最大積載量は200kg(ミニキャブは350kg)。

独立車種としては1999年に消滅したが、2011年11月のミニキャブバンの一部改良で豪華装備を持つ上級グレードの名称として復活した。

初代(1989年-1991年)[編集]

三菱・ミニキャブブラボー(初代)
フロント
Mitsubishi Bravo 1989.jpg
スーパーエアロルーフ 4WD
Mitsubishi Minicab Bravo Super Aero Roof 4WD.JPG
販売期間 1989年2月 - 1991年1月
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドアセミキャブオーバー型ワンボックスカー
エンジン 3G81型550cc直列3気筒SOHC
3G81型550cc直列3気筒SOHCスーパーチャージャー
3G83型660cc直列3気筒SOHC
駆動方式 FR/パートタイム4WD
変速機 3AT/5MT
サスペンション F ストラット式サスペンション
R 半楕円リーフスプリング式サスペンション
全長 3,195mm - 3,245mm
全幅 1,395mm
全高 1,905mm
車両重量 760kg - 910kg
先代 三菱・ミニキャブエステート
-自動車のスペック表-

1989年2月、ミニキャブエステートの後継車としてミニキャブブラボーの名でデビュー。当初は550cc(3気筒SOHC自然吸気、同3気筒SOHCスーパーチャージャー。エンジンはいずれも3G81型)。実質的にはミニキャブエステートのマイナーチェンジ版であった。

1990年2月、マイナーチェンジに伴い、自然吸気エンジンのみ660cc(3気筒SOHC。エンジンは3G83型)化され、全車ボディの全長がおよそ50mm延長された(実際は前後バンパーのオーバーハングの若干の延長のみに留まっている)。

2代目(1991年-1999年)[編集]

三菱・ブラボー(2代目)
前期型
Mitsubishi Bravo.jpg
後期型
スーパーエアロルーフ スーパーエクシード
Mitsubishi Bravo 001.JPG
販売期間 1991年1月 - 1999年4月
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドアセミキャブオーバー型ワンボックスカー
エンジン 3G83型659cc直列3気筒SOHC12バルブ
3G83型659cc直列3気筒DOHC15バルブ
3G83型659cc直列3気筒DOHC15バルブICターボ
4A30型659cc直列4気筒DOHC20バルブICターボ
駆動方式 FR/HCU式フルタイム4WD
変速機 3AT/5MT
サスペンション F マクファーソンストラット式コイルスプリング
R 半楕円リーフスプリング式サスペンション
全長 3,295mm
全幅 1,395mm
全高 1,915mm
車両重量 780kg - 990kg
後継 三菱・タウンボックス
-自動車のスペック表-

1991年1月22日、前年(1990年)の軽自動車の規格改正に完全対応させる為に開発され、発売された。名称が単に「ブラボー」となる。全車マルチバルブ化され普及グレードには3気筒SOHC12バルブ(3G83・1気筒あたり4バルブ)シングルキャブレターエンジンが、中堅グレードには3気筒DOHC15バルブ(3G83・1気筒あたり5バルブ) ECIマルチエンジンが、最上級グレードには3気筒15バルブ(3G83・1気筒あたり5バルブ)DOHCインタークーラーターボという非常に珍しい仕様のエンジンが搭載された。現在でも軽ワンボックスとしては数少ないステアリングチルトや後席フットランプ(ステップ付近に樹脂カバー付きのランプを搭載)が装備される仕様も存在する。さらに当時のスライドドア車全体的に見ても非常に珍しいスライドドアパワーウィンドウもパワーウィンドウ装着車に設定。この頃はヒンジ式のリアドアであっても手動式ウィンドウも多かった(同社の1999年発売のミラージュディンゴも当初はリアは全グレード手動式であった)。

1994年1月、マイナーチェンジによりフロントフェイス、およびリアバンパーの形状変更。リアサスペンションがリーフスプリングから3リンク式コイルスプリングに変更、中堅グレードは3気筒15バルブDOHC ECIマルチエンジン(3G83)が4気筒16バルブSOHC ECIマルチエンジン(4A30) に変更され、最上級グレードは3気筒15バルブDOHC インタークーラーターボエンジン(3G83)から4気筒20バルブ(1気筒あたり5バルブ)DOHC インタークーラーターボエンジン(4A30) に変更された。尤も、ミニカの4A30エンジンの場合5MTはもちろんATは4AT(ファジーシフト)であったがブラボーの4A30は車の性格を考慮して同年12月に発売されたパジェロミニともどもATは3ATのままであった。

1999年4月、後継車のタウンボックスが発売され、販売終了。


3代目(2011年-2014年)[編集]

三菱・ミニキャブバンブラボー(3代目)
販売期間 2011年11月 - 2014年2月
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドアセミキャブオーバー型ワンボックスカー
エンジン 3G83型657cc直列3気筒SOHCターボ
3G83型657cc直列3気筒DOHC
駆動方式 FR/4WD
最高出力 3G83型ターボ64ps/6,000rpm
3G83型48ps/6,000rpm
変速機 3AT/4AT
サスペンション F ストラット式サスペンション
R 3リンク式サスペンション
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,890mm
車両重量 950kg - 990kg
-自動車のスペック表-

2011年11月、ミニキャブバンの一部改良の際に、新たなグレードとして「ブラボー」の名称が復活する。なお、乗用車登録の「タウンボックス」は一旦廃止された。

4代目(2014年-2015年)[編集]

三菱・ミニキャブバンブラボー(4代目)
7代目ミニキャブトラック M 4WDと
2代目ミニキャブバンブラボー 4WD
Mitsubishi Minicab-Truck M 4WD 3AT&Minicab-Van Bravo 4WD 0310.JPG
ブラボー 4WD リア
Mitsubishi Minicab-Van Bravo 4WD Rear 03110.JPG
販売期間 2014年2月 - 2015年3月
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドアセミキャブオーバー型ワンボックスカー
エンジン K6A型658cc直列3気筒DOHCターボ
K6A型658cc直列3気筒DOHC
駆動方式 FR/4WD
変速機 3AT/4AT
サスペンション F ストラット式サスペンション
R アイソレーテッド・トレーリング・リンク式サスペンション
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,875mm
車両重量 910kg - 980kg
製造事業者 スズキ
姉妹車/OEM スズキ・エブリイ
-自動車のスペック表-

2014年2月にミニキャブバンがスズキ・エブリイOEMモデルとなりフルモデルチェンジ。「ブラボー」は継続設定され、ターボ仕様の「ブラボーターボ」も設定された。また、乗用車登録の「タウンボックス」もスズキ・エブリイワゴンのOEMモデルとして復活し、ミニキャブと同時にフルモデルチェンジされた。なお、OEM元のスズキ・エブリイが2015年2月にフルモデルチェンジされ、これを受けてミニキャブバンやタウンボックスも翌月にフルモデルチェンジが発表されたため、この代での販売期間は約1年1ヶ月間であった。

5代目(2015年-)DS17V型[編集]

三菱・ミニキャブバンブラボー(5代目)
DS17V型
ブラボーターボ 4WD
Mitsubishi Minicab-Van Bravo Turbo 4WD DS17V 0724.JPG
販売期間 2015年3月 -
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドアセミキャブオーバー型ワンボックスカー
エンジン R06A型658cc直列3気筒DOHCターボ
R06A型658cc直列3気筒DOHC
駆動方式 FR/4WD
変速機 5AMT/4AT/5MT
サスペンション F ストラット式サスペンション
R アイソレーテッド・トレーリング・リンク式サスペンション
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,895mm
ホイールベース 2,430mm
車両重量 890kg - 950kg
製造事業者 スズキ
姉妹車/OEM スズキ・エブリイ
-自動車のスペック表-

2015年3月にミニキャブバン及びタウンボックスがOEMモデル移行後初のフルモデルチェンジを発表。ミニキャブバンは先代に引き続き、「ブラボー」・「ブラボーターボ」が設定されている。

車名の由来[編集]

  • イタリア語で「でかした」「うまいぞ」などの喝采の意味である。本来の発音は「ブラーヴォ」に近い。なお、フィアット・ブラーボ(日本名ブラビッシモ)とは関係ない。

注釈[編集]

  1. ^ なお、4ナンバーでありながら乗用車並みの装備を備えた車種・グレードは2014年現在、ミニキャブバン「ブラボー」のみならず、エブリイ「JOIN」、スクラムバン「BUSTER」、NV100クリッパー「GX」、ハイゼットカーゴピクシスバン「クルーズ」、サンバー「VC」、バモスホビオ「Pro」と国内の主要メーカー全社に設定されている。

関連項目[編集]