半保護されたページ

三菱・レグナム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

三菱・レグナム
EA1/3/4/5/7W/EC1/3/4/5/7W型
1996年9月発売型
1996-1998 Mitsubishi Legnum.jpg
1996-1998 Mitsubishi Legnum rear.jpg
1998年9月改良型
1998-2002 Mitsubishi Legnum ST.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 日本:
1996年9月 - 2002年12月[1]
欧州北米大洋州
1997年 - 2006年
デザイン 仲西昭徳
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア ステーションワゴン
エンジン 6A13型V6・2,500ccツインターボ・4G93型直4・1,800ccDOHC・GDI他
駆動方式 前輪駆動 / 四輪駆動
最高出力 280PS/5,500rpm
最大トルク 37.00kgfm/4,000rpm
変速機 4速AT/5速AT/5速MT
サスペンション 前後5リンク・ダブルウィッシュボーン
全長 4,670 mm
全幅 1,740 - 1,790 mm
全高 1,450 - 1,480 mm
車両重量 1,550 kg
別名 三菱・ギャランコンビ
(欧州)
三菱・ギャランエステート
(北米・大洋州)
生産台数 16万5016台[2]
先代 三菱・ギャランスポーツ
後継 日本:
1.5Lモデルを除く2代目ランサーワゴンに統合
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

レグナムLegnum)は、三菱自動車工業が生産・販売していた8代目ギャランベースのステーションワゴンである。

1996年に日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞。この受賞以降三菱は日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞していない。

概要

1996年フルモデルチェンジしたギャランのステーションワゴン版であり、当時快進撃を続けていたスバル・レガシィツーリングワゴンに対抗するため開発された。

逆スラントノーズを採用した精悍なフロントマスクやまとまりのあるリアスタイルで人気を博し、特に当時はGDIエンジン搭載車が販売の中心であった。

特に後期型はVR-4・ヴィエント系のフロントバンパーの形状がより迫力に満ちており、ギャラクシーホワイトとのマッチングがよく2018年現在もVR-4は根強い人気を持つ。

ベース車であるギャランより車高が30mm高く(ルーフレール装着車)、またリアオーバーハングが延長されラゲッジスペースが拡大されている。

北米と大洋州ではギャランエステート、欧州ではギャラン・コンビとして輸出され、特に大洋州(並行輸入のみ)や北米で一定の販売台数を得た。

しかし、日本国内では三菱自動車販売の2つの自動車ディーラーギャラン店カープラザ店)で並売する関係上、「ギャラン」の名称は使われていない。

4輪全てにマルチリンク5リンク式サスペンションを採用し、優れた直進安定性、旋回性能を得ている。逆に、リヤにもセダン同様、ハイマウント式アッパーアームのダブルウィッシュボーンにリンクを追加したサスペンション形式を採用している。ボディはボンネット・グリル・リア外観で大まかに前期型と後期型に分けられ、グレードによりエアロの違い、内装の本革仕様などで差別化をしている(ST・ST-R・VIENTO・VR-4など)。最上位モデルのVR-4では、ランサーエボリューションシリーズに積載されたリアデフロック(差動装置)の駆動配分を電気的に配分するAYCを標準で搭載し、VR-4 TYPE-Sには、加えてアクティブ・スタビリティー・コントロールシステム&トラクションコントロールシステムを標準装備している。

また、特徴のある装備としては、荷物を多く積んでも車高を維持しようとする機構のセルフレベリングサスペンションや、当時日本初だったサイドエアバッグなどがオプションで用意されていた。

なお後期型のVR-4のうち、type-Vに関してはAYCは装備されていない。

年表

  • 1996年9月 - ギャランのフルモデルチェンジと同時に登場。エンジンは直4・1.8LGDI.V6・2.0L.2.5L.2.5Lターボの4種類。
  • 1997年9月 - V6・2.0Lが廃止。ノーマルルーフ車の天井が塩ビ張りから布張りに変更。VR-4エクステリアのスポーティ仕様1.8Lヴィエント追加。
  • 1998年1月 - VR-4 type-Sをベースに、専用大型エアロパーツ、ラリーアート製マフラー、MOMO製本革巻ステア、RECARO製バケットシート等のスポーツ装備を追加した特別限定車となるスーパーVR-4が限定800台で販売。カラーはハミルトンシルバーとパルマレッドの2色のみ。同じくギャランにもスーパーVR-4が限定で販売。
  • 1998年9月 - マイナーチェンジ。前後のデザインを大幅にリニューアル。2.5V6のNAエンジンは廃止されV6エンジン搭載車はターボ車のみに。
  • 2000年5月 - GDIエンジン搭載車はエンジンの変更で2.0Lへ。
  • 2002年8月[3] - 生産終了。以後在庫対応分のみの販売となる。
  • 2002年12月 - 後発となった同社の2代目ランサーワゴン(←ランサーセディアワゴン)に統合されるかたちで販売終了。一方、レグナムの元となった8代目ギャランは2005年12月に後発となった同社の6代目ランサーセダン(←ランサーセディア)に統合されるかたちで販売終了となった。
  • 2005年6月 - 輸出向けの生産を終了。
  • 2006年12月 - 輸出向けの販売を終了。

エンジン

搭載エンジンは直列4気筒1,800ccの4G93(GDI)DOHC16バルブV型6気筒2,000ccの6A12・SOHC24バルブ、そのボアアップ版であるV型6気筒2,500ccの6A13・SOHC24バルブ、およびDOHC24バルブと幅広い。後に前述の3種にかわって直列4気筒2,000ccの4G94(GDI)・DOHC16バルブと2,400ccの4G64(GDI)・DOHC16バルブとなった。そのほか6A13型エンジンをDOHC24バルブヘッド化&ツインターボチャージャー化(後期型ATで280ps)した仕様をフラッグシップモデルのVR-4に搭載。レグナム/ギャランの4G93型エンジンは世界初の超希薄燃焼を可能にしたガソリン直噴GDIとして、月刊誌自動車工学が選ぶ1996年のニューテクノロジー・オブ・ザ・イヤーで1位を得ている。

車名の由来

その他

  • フロントグリルの上部が前方に突き出しているデザインのフロントマスク形状から、しばしば『ガンダムルック』と呼ばれる(これはベースとなったギャラン/アスパイアも同様)。
  • 前期モデル末期には、スノーバードという、特別仕様車が設定されていた。(グレードはST)。なお、スノーバードという言葉は、英語スラング俗語)で、麻薬中毒者を示す意味がある。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第22号15ページより。
  2. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第22号15ページより。
  3. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第22号15ページより。

関連項目