三菱パワーインダストリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
三菱パワーインダストリー株式会社
Mitsubishi Power Industries Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
231-0012
神奈川県横浜市中区相生町3丁目56番1号 JNビル
設立 1961年10月10日
業種 建設業
法人番号 5020001029726 ウィキデータを編集
事業内容 産業用ボイラ・中小型火力発電プラント・地熱発電プラントの基本計画、詳細設計、調達、建設、試運転。既設プラントの改造工事、アフターサービス、保全工事。メカトロ、コンピュータ制御装置の設計製作。各種訓練設備・監視計測装置の設計製作
代表者 牧浦秀治
資本金 10億円
発行済株式総数 200万株
売上高 277億円(2018年度)
従業員数 664名(2019年4月1日現在)
決算期 3月
主要株主 三菱パワー株式会社 (100%)
外部リンク https://ids.power.mhi.com
特記事項: <建設業者登録>特定建設業(電気工事業、管工事業、機械器具設置工事業)国土交通大臣 許可(特-24)第24597号 特定建設業(建築工事業)国土交通大臣許可(特-25)第24597号 特定建設業(清掃施設工事業)国土交通大臣許可(特-26)第24597号 <QC>ISO9001;2008認定<EMS>ISO14001;2004認定(呉事業所)
テンプレートを表示

三菱パワーインダストリー株式会社(みつびしパワーインダストリー、: Mitsubishi Power Industries Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市中区に本社を置く三菱パワー株式会社直系のエンジニアリング会社。2014年1月までは三菱重工業の完全子会社であったが、同年2月に株主が三菱日立パワーシステムズ(当時)へと代わった。2015年10月、統合エンジニアリング部門をMHPSエンジニアリング(当時)へ分割。

沿革[編集]

  • 1961年昭和36年)10月 - 菱日重エンジニアリング株式会社として設立。
  • 1972年(昭和47年)4月 - 菱日エンジニアリング株式会社に社名変更。
  • 1976年(昭和51年)2月 - 環境装置事業部のサービス業を重工環境サービス株式会社(現・三菱重工環境・化学エンジニアリング株式会社)に譲渡。
  • 1977年(昭和52年)10月 - 自動車に関する事業を日本自動車エンジニアリング株式会社(現・三菱自動車エンジニアリング株式会社)に譲渡。
  • 1986年(昭和61年)10月 - 相模原事業所に関する事業をMHIさがみハイテック株式会社に譲渡。
  • 1990年平成2年)6月 - 資本金を2億円に増資。
  • 2006年(平成18年)4月 - 研究開発、技術情報事業を菱明技研株式会社(現・MHIソリューションテクノロジーズ株式会社)に分割承継。
  • 2012年(平成24年)4月 - 長菱設計株式会社、高菱エンジニアリング株式会社を合併。三菱重工環境・化学エンジニアリングの一部を分割承継。社名をMHIプラントエンジニアリング株式会社に変更。
  • 2013年(平成25年)
    • 4月 - 三菱重工プラント建設株式会社の一部を分割承継。
    • 10月 - 三菱重工業株式会社の国内産業用火力発電システム事業を分割承継。長崎事業部の船海部門をMHI船海エンジニアリング株式会社に譲渡。横浜事業部のエンジン事業対応部門をMHIさがみハイテックに譲渡。
  • 2014年(平成26年)
    • 2月 - 同月発足した三菱日立パワーシステムズ株式会社の子会社となり、三菱日立パワーシステムズエンジニアリング株式会社に社名変更。
    • 10月1日 - バブコック日立(同日付で三菱日立パワーシステムズに吸収合併)の子会社バブ日立工業株式会社を合併。
  • 2015年(平成27年)
    • 4月1日 - 国内産業用火力発電システム事業を親会社の三菱日立パワーシステムズ株式会社に再移管。
    • 10月1日 - 統合エンジニアリング部門と旧バブ日立工業部門を会社分割により分離し、統合エンジニアリング部門をMHPSエンジニアリング株式会社へ分割。
  • 2016年(平成28年)1月1日 - 社名を三菱日立パワーシステムズインダストリー株式会社に変更。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - MHPSエンジニアリング株式会社より原動機建設事業を承継。
  • 2020年令和2年)9月1日 - 社名を三菱パワーインダストリー株式会社に変更[1]

事務所[編集]

  • 経営総括部
    • 総務部本社 〒231-0012 横浜市中区相生町三丁目56番1号 JN ビル
    • 総務部呉事業所 〒737-0029 広島県呉市宝町5番3号
    • 財務・経理部(原価課) 〒231-0012 横浜市中区相生町三丁目56番1号 JN ビル
    • 財務・経理部(会計課) 〒737-0029 広島県呉市宝町5番3号
    • 財務・経理部(情報システム課) 〒737-0029 広島県呉市宝町5番3号
  • 営業総括部
    • プラント営業部 〒231-0012 横浜市中区相生町3丁目56番1号 JN ビル
    • サービス営業部 〒231-0012 横浜市中区相生町3丁目56番1号 JN ビル
    • 呉営業所 〒737-0029 呉市宝町5番3号
    • 大阪営業所 〒541-0041 大阪市中央区北浜2丁目5番23号 小寺プラザビル8F
    • 九州営業所 〒870-0034 大分市都町1丁目2番1号 大分中央通りビル6F
  • プラントサービス事業部
    • プラントサービス部 〒231-0012 横浜市中区相生町3丁目56番1号 JN ビル
  • プロジェクト事業部 
    • プラント設計第一部 〒231-0012 横浜市中区相生町3丁目56番1号 JN ビル
    • プラント設計第二部 〒737-0029 広島県呉市宝町5番3号
    • 電気計装設計部 〒737-0029 広島県呉市宝町5番3号
    • 燃焼機器設計部 〒231-0012 横浜市中区相生町3丁目56番1号 JN ビル
  • システムサービス事業部
    • システムサービス部 〒737-0029 広島県呉市宝町5番3号
    • テクノサービス部 〒737-0029 広島県呉市宝町5番3号
  • 生産総括部
    • 品質保証部(ボイラ検査課) 〒231-0012 横浜市中区相生町三丁目56番1号 JN ビル
    • 品質保証部(機器検査課) 〒737-0029 広島県呉市宝町5番3号
    • 生産管理部 〒231-0012 横浜市中区相生町三丁目56番1号 JN ビル
    • 調達部(プラント調達課) 〒737-0029 広島県呉市宝町5番3号
    • 調達部(素材・外注調達課) 〒231-0012 横浜市中区相生町三丁目56番1号 JN ビル
  • 建設総括部 
    • 安全推進室 〒231-0012 横浜市中区相生町三丁目56番1号 JN ビル
    • 横浜建設部(建設一課) 〒231-0012 横浜市中区相生町三丁目56番1号 JN ビル
    • 横浜建設部(建設二課) 〒737-0029 広島県呉市宝町5番3号
    • 高砂建設部 〒676-0008 高砂市荒井町新浜2丁目8番25号
    • 長崎建設部 〒850-8610 長崎市飽の浦町1番1号 三菱重工長崎造船所
    • 運転技術部 〒737-0029 広島県呉市宝町5番3号

事業内容[編集]

  • 産業用ボイラ・中小型火力発電プラント・地熱発電プラントの基本計画、詳細設計、調達、建設、試運転
  • 既設プラントの改造工事、アフターサービス、保全工事
  • メカトロ、コンピュータ制御装置の設計製作
  • 各種訓練設備・監視計測装置の設計製作 

主要製品[編集]

労働組合[編集]

その他[編集]

  • 2009年(平成21年)3月 第12回環境コミュニケーション大賞の環境レポート部門優秀賞 受賞 (旧・菱日エンジニアリング)
  • 2009年(平成21年)4月 横浜型地域貢献企業 認定(旧・菱日エンジニアリング)
  • 2012年(平成24年)3月 かながわ地球環境賞 受賞(旧・菱日エンジニアリング)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 沿革”. 三菱パワーインダストリー. 2020年9月1日閲覧。

関連項目[編集]