三菱石油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Mitsubishi logo.svg三菱石油株式会社
Mitsubishi Oil Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5004
1952年1月28日 - 1999年3月25日上場
大証1部(廃止) 5004
1954年12月1日 - 1999年3月25日上場
略称 三菱、MOC
本社所在地 日本の旗 日本
105-8457
東京都港区虎ノ門一丁目2番6号
設立 1931年(昭和6年)2月11日
業種 石油・石炭製品
事業内容 1. 石油類及びその副産物の探鉱、開発、精製、売買、貯蔵並びに輸送
2. 各種石油化学工業
3. 原子燃料、石炭、天然ガス、その他石油代替エネルギーに関する事業他重電システム
代表者 泉谷 良彦(代表取締役社長
資本金 836億円
売上高 1兆732億円
従業員数 2,114名
決算期 3月
特記事項:各種経営指標は1998年3月期のもの。但し売上高は1997年3月期。
テンプレートを表示
三菱石油SSの店舗例(埼玉県上尾市
1995年に制定されたカラーリング 給油機についてはENEOSへの移行期であるためENEOSのものへ変更されている。

三菱石油株式会社(みつびしせきゆ)は、かつて存在した日本の企業である。現在ガソリンスタンドのENEOSを全国に展開しているJXTGエネルギーの前身の一つで、1931年から1999年まで存続した三菱グループの石油会社である。

概要[編集]

設立の経緯として三菱合資会社、三菱鉱業(現:三菱マテリアル)、三菱商事三菱財閥3社とアソシエーテッド・オイルの合弁により設立。日本の石油会社において初の外資提携であった。

アソシエーテッド・オイルは1936年にタイドウォーターと合併しタイドウォーター・アソシエーテッド(1956年にタイドウォーターに改称)となり、さらに1967年にはゲッティ・オイルに買収されるが、同社は1984年にテキサコに買収された。それを契機にテキサコとソーカルの合弁会社であった、カルテックス(いずれも現在のシェブロン)と提携関係にあった日本石油と提携し、その後の合併への足がかりともなった。

看板は1990年代の中盤まで白地に赤いスリーダイヤの丸い看板であったが三菱商事石油(現・三菱商事エネルギー)との混同を避けるため橙地に黄色の縦長長方形に変更された。

1999年に日本石油と合併し日石三菱となり法人としては消滅した(後述)。

橙地の看板については2001年にENEOSに統一されるまで使用された[1]。さらに翌2002年に同社が新日本石油となり企業名からも三菱の名は消えた(後述)。

なお、三菱合資会社の岩崎小弥太と日本石油の水田政吉元社長は学寮の先輩後輩の関係にあり、岩崎は三菱石油設立に当たり水田を通じて日本石油から了解を得ていた[2]

沿革[編集]

  • 1931年昭和6年)
    • 2月14日 - 三菱石油株式会社設立。
    • 12月 - 川崎製油所が操業開始。
  • 1952年(昭和27年)1月28日 - 株式上場。
  • 1961年(昭和36年)5月16日 - 水島製油所が操業開始。
  • 1968年(昭和43年)7月8日 - 東北石油株式会社を設立。
  • 1973年(昭和48年)
    • 4月27日 - 丸善石油(現・コスモ石油)と共同で沖縄石油基地株式会社を設立。
    • 12月 - 給油所のカラーリングを“青空にくっきり映えるオレンジ色”をベースにしたものに変更(ただし、直前に発生した第一次オイルショックの影響から全面的な展開が延期となったほか、1980年代の終わりごろにデザインのマイナーチェンジが行われている)[3]
  • 1984年(昭和59年)11月30日 - 日本石油と提携。
  • 1992年平成4年)3月20日 - 富士興産と共同出資で和歌山石油精製株式会社を設立。
  • 1995年(平成7年)3月 - 給油所のカラーリングをヤンググリーンと明るいイエローの組み合わせをベースとしたものに変更[4]
  • 1999年(平成11年)4月1日 - 日本石油を存続会社として三菱石油が合併、日本石油は日石三菱株式会社に商号変更。三菱石油は法人としては消滅。
  • 2002年(平成14年)6月27日 - 日石三菱が新日本石油株式会社に商号変更し、三菱の名が消える。

広告活動[編集]

ここでは旧三菱石油時代のテレビコマーシャル出演者、およびスポンサー番組について示す。

テレビCM出演者[編集]

スポンサー番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日石三菱発足以後も、白地の丸い看板或いはキャノピー(屋根部分)に取り付けられた正方形の看板や、スリーダイヤマークと「MITSUBISHI」ロゴが書かれた電飾看板も若干ながら残っていた。このほか、多数の看板が合併後も『三菱石油』のままで存続していた。
  2. ^ 新日本石油株式会社 初代社長 内藤久寛
  3. ^ あたらしいENEOS誕生までのあゆみ 1970・1980年代
  4. ^ あたらしいENEOS誕生までのあゆみ 1990・2000年代

関連項目[編集]