三菱石炭鉱業大夕張鉄道ナハフ1形式ナハフ1形客車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
混合列車に連結されたナハフ1・大夕張炭山/1971年
石炭貨車に続いてナハフ1が連結されている南大夕張駅跡/1997年
ナハフ1竣工図

三菱石炭鉱業大夕張鉄道ナハフ1形式ナハフ1(みつびしせきたんこうぎょうおおゆうばりてつどうナハフ1けいしきナハフ1)は、かつて三菱石炭鉱業大夕張鉄道線で使用されていた客車である。

目次

概要

1937年(昭和12年)日本車輌製造製の半鋼製2軸ボギー客車。地方鉄道改組に備え三菱鉱業ナハ1として新製、1967年(昭和42年)にナハフ1となった。同鉄道、唯一の自社発注車であり、スハニ6などと共に、冬季は客車暖房に石炭ストーブが積まれることから鉄道ファンの人気も高かった。

主要諸元

  • 最大寸法:全長17,040mm、全幅2,720mm、全高3,736mm
  • 自重:24t
  • 定員:80名(夏)76名(冬) 内立席 20名(夏)16名(冬)

現状

1987年(昭和62年)の廃車後、南大夕張駅跡に置かれオハ1などと共に夕張市に寄贈されたが、管理もされず荒廃状態にあった。1999年(平成11年)には本車が転覆。三菱大夕張鉄道保存会が発足し、復旧され管理されているが荒廃が激しく外部・内部共に非公開となっている。また、「空知の炭鉱関連施設と生活文化」として2001年(平成13年)に北海道遺産として指定されたのに加え、2007年(平成19年)11月30日には経済産業省より近代化産業遺産として認定された。

関連項目

参考文献

  • 奥山道紀・赤城英昭『三菱鉱業大夕張鉄道』(ネコ・パブリッシング RM LIBRARY 47、2003年) ISBN 4777050025
  • 星良助「三菱鉱業大夕張鉄道」
鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル・私鉄車両めぐり 第2分冊』1962年2月号 No.128
  • 今井静也「三菱大夕張炭砿大夕張鉄道」
鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル』1971年12月臨時増刊 No.259