三菱重工機械システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三菱重工機械システム株式会社
Mitsubishi Heavy Industries Machinery Systems, Ltd.
Mitsubishi logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
652-8585
兵庫県神戸市兵庫区和田崎町一丁目1-1[1]
設立 1968年(昭和43年)12月2日
(菱重環境エンジニアリング株式会社)
法人番号 2140001013316
代表者 代表取締役社長 長谷川守
資本金 20億円
主要株主 三菱重工業(株) 100%
外部リンク http://www.mhims.co.jp/
テンプレートを表示

三菱重工機械システム株式会社(みつびしじゅうこうきかいシステム)は、兵庫県神戸市兵庫区に本社を置くエンジニアリング企業。

概要[編集]

三菱重工業株式会社の100%子会社で、料金収受機械およびシステム、ETCシステム、油圧機器、甲板機械・デッキクレーン、エアヒータ、機械装置(試験装置、文化・スポーツ施設、加速器)、立体駐車場、鉄構プラント、食品包装機械、ゴム・タイヤ機械、印刷機械・紙工機械、その他機械設備の設計、製造、販売及びアフターサービスを行っている。

沿革[編集]

旧株式会社神菱ハイテック[編集]

  • 1968年昭和43年)12月 - 菱重環境エンジニアリング株式会社を設立。
  • 1976年(昭和51年)6月 - 菱重流通エンジニアリング株式会社と合併し、菱重環境流通エンジニアリングに社名変更。
  • 1986年(昭和61年)10月 - 株式会社神菱ハイテックに社名変更。

旧神菱技術サービスエンジニアリング株式会社[編集]

  • 1987年(昭和62年)11月 - 三菱重工業株式会社神戸造船所火力部のアフターサービス業務を一部離継承して神菱火力サービスエンジニアリング株式会社を設立。
  • 2008年平成20年)4月 - 文化・レジャー及びスポーツ施設などのメンテナンス事業を開始し、神菱技術サービスエンジニアリング株式会社に社名変更。

旧三菱重工環境エンジニアリング株式会社[編集]

[2]

  • 1976年(昭和51年)2月 - 三菱重工の環境装置製品のアフターサービスおよび運転維持管理業務を専門に行う会社として、重工環境サービス株式会社を設立。
  • 1987年(昭和62年)8月 - 三菱重工環境エンジニアリング株式会社に社名変更。
  • 2007年(平成19年)4月 - 三菱重工環境エンジニアリング(環境プラント事業本部)排ガス処理装置(電気集じん装置)の新設事業を三菱重工から移管受け。
  • 2009年(平成21年)10月 - 三菱重工の事業再編に伴い、大気汚染防止装置(除く石灰石膏法排煙脱硫装置)、水質汚濁防止装置、溶剤回収装置、太陽光発電システム等の事業を神菱ハイテックに分割・移管。

旧三菱重工地中建機株式会社[編集]

  • 1991年(平成3年)3月 - 株式会社MHI地中建機エンジニアリングを設立。三菱重工から地中建機事業を分割吸収。
  • 2007年(平成19年)4月 - 三菱重工地中建機株式会社に社名変更。

旧三菱重工メカトロシステムズ株式会社[編集]

  • 2009年(平成21年)10月 - 株式会社神菱ハイテックが、神菱技術サービスエンジニアリング株式会社及び三菱重工地中建機株式会社を吸収合併し、三菱重工環境エンジニアリング株式会社の大気汚染防止装置(除く石灰石膏法排煙脱硫装置)・水質汚濁防止装置・溶剤回収装置・太陽光発電システム等の事業、西菱エンジニアリング株式会社の機械鉄構部門を吸収分割により承継し、三菱重工メカトロシステムズ株式会社に社名変更[3]
  • 2011年(平成23年)1月 - 重環都市装置サービス株式会社を吸収合併。
  • 2014年(平成26年)4月 - 三菱重工パーキング株式会社を吸収合併、三菱重工鉄構エンジニアリング株式会社の鉄構装置事業部門を吸収分割により承継[4][5][6][7]
  • 2015年(平成27年)10月 - 三菱重工業株式会社から油圧・機械および加速器事業を継承。電気集じん装置および溶剤回収装置の事業を、三菱日立パワーシステムズ株式会社の完全子会社である三菱日立パワーシステムズ環境ソリューション株式会社に移管[8]
  • 2015年(平成27年)11月 - 三菱重工業株式会社からITS事業を継承。
  • 2016年(平成28年)4月 - 水処理装置事業を三菱日立パワーシステムズ環境ソリューション株式会社に移管[9]
  • 2016年(平成28年)10月 - 三菱重工食品包装機械株式会社を吸収合併[10]。シールド掘削機事業をJIMテクノロジー株式会社に分割し移管。
  • 2017年(平成29年)4月 - 三菱重工業株式会社からテストセル及びサイレンサ事業を継承。

三菱重工機械システム株式会社[編集]

  • 2017年(平成29年)10月 - 三菱重工メカトロシステムズ株式会社が、三菱重工印刷紙工機械株式会社を吸収合併し、三菱重工マシナリーテクノロジー株式会社のゴム・タイヤ機械事業及び三菱重工業株式会社の関連する製造・調達・品質保証機能を承継し、三菱重工機械システム株式会社に社名変更[11][12]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]