三菱重工三原硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
三菱重工業 > 三菱重工三原硬式野球部
三菱重工三原硬式野球部
チーム名(通称) 三菱三原、重工三原、三菱重工三原
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 クラブチーム(2001年シーズン途中までは企業チーム)
創部 1946年
廃部 2014年
チーム名の遍歴
  • 三菱重工三原 (1946 - 1949)
  • 中日本重工業三原 (1950 - 1951)
  • 新三菱重工三原 (1952 - 1963)
  • 三菱重工三原 (1964 - 2001)
  • 三菱三原硬式野球クラブ (2001 - 2008)
  • 三菱重工三原 (2009 - 2014)
本拠地自治体 広島県三原市
練習グラウンド 三菱長谷グラウンド
チームカラー 赤色
都市対抗野球大会
出場回数 5回
最近の出場 1994年
最高成績 ベスト8
社会人野球日本選手権大会
出場回数 2回
最近の出場 1990年
最高成績 2回戦敗退
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

三菱重工三原硬式野球部(みつびしじゅうこうみはらこうしきやきゅうぶ)は、広島県三原市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球クラブチームである。

概要[編集]

1946年三菱重工業の三原製作所内で『三菱重工三原硬式野球部』として創部。

1950年、本社の分割による社名変更に伴い、チーム名を『中日本重工業三原硬式野球部』に改称した。

1952年、本社の社名変更に伴い、チーム名を『新三菱重工三原硬式野球部』に改称した。

1964年、本社の合併による社名変更に伴い、チーム名を『三菱重工三原硬式野球部』へと再改称した。

1966年都市対抗野球に初出場を果たしベスト8に進出、1982年日本選手権に初出場を果たした。その後も、同じ広島県内に本拠地を置く三菱重工広島と切磋琢磨して都市対抗野球大会に5回出場するなど中堅どころとして活躍し、プロ野球界にも多くの人材を送り出した。

2001年のシーズン途中、本社の方針から登録種別を会社登録からクラブチーム登録に変更し、チーム名を『三菱三原硬式野球クラブ』に改称した。

2002年JABA広島大会1回戦で広島東洋カープファームと対戦し、3-2で勝利を収めた(カープファームはその後同大会で2005年5月10日に三菱重工広島に4-7で敗れるまで無敗を続けた)。

2009年2月2日付けで、チーム名を『三菱重工三原硬式野球部』に改称した。[1]

2014年2月13日に部員数の減少により同年の都市対抗野球をもっての解散を発表、広島県1次予選でのJR西日本戦の敗戦をもって解散となり[2]5月31日付けで解散チームとして公示された。[3]

設立・沿革[編集]

練習場[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]