三菱重工業下関造船所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三菱重工業下関造船所(みつびしじゅうこうぎょう しものせきぞうせんじょ)は、山口県下関市にある三菱重工業造船所工場。正式名称は三菱重工業株式会社下関造船所。略称下船(しもせん)。

概要[編集]

船舶部門の江浦工場(えのうらこうじょう)、機械・航空機部門の大和町工場(やまとまちこうじょう)の2工場で構成されている。江浦工場は下関市南部の彦島東岸に位置し、大和町工場は彦島の北、下関駅南側の東大和町に位置する。江浦工場東の関門海峡には巌流島が浮かぶが、巌流島の大半は永らく下関造船所の土地であった。

元々は江浦工場が1914年(大正3年)12月1日、長崎造船所神戸造船所に次ぐ第3の造船所「三菱合資会社彦島造船所」として開所した。当初は船舶の修繕を主要業務としていたが、1917年(大正6年)第1番船として門司税関向け消毒船を建造、その後、特殊船や作業船を続けて建造し、現在に至る特徴の一つとなった。また、ディーゼル機関を採用したトロール漁船、小型貨客船を先駆けて建造した。1987年東日本フェリーから受注したばるな (2代)以降、大型フェリーを多数建造している[1]

所在地[編集]

沿革[編集]

  • 1914年(大正3年) - 第一ドック完成、三菱合資会社彦島造船所として操業開始[2]
  • 1917年(大正6年) - 第1番船、門司税関港務部向け「第一号消毒船」引渡[2]
  • 1920年(大正9年) - 第二ドック完成[2]
  • 1927年(昭和2年) - 第一船台、第二船台が完成。中小型船舶の建造に着手[2]
  • 1934年(昭和9年) - 三菱重工業彦島造船所と改称[2]
  • 1943年(昭和18年) - 日立造船所彦島造船所を買収、三菱重工業下関造船所と改称[2]
  • 1944年(昭和19年) - 鋼製炭車初号機を納入[2]
  • 1950年(昭和25年) - 財閥解体により西日本重工業下関造船所と改称[2]
  • 1952年(昭和27年) - 三菱造船下関造船所と改称[2]
  • 1962年(昭和37年) - 油圧式コンクリートポンプ車の製作開始[2]
  • 1964年(昭和39年) - 大和町工場に造機工場完成・稼動開始、三菱重工業下関造船所と改称[2]
  • 1970年(昭和45年) - 新舟艇工場完成[2]
  • 1972年(昭和47年) - 三菱デッキクレーン初号機を製作[2]
  • 1974年(昭和49年) - 船台をセミドライドック化、甲板機械組立工場完成[2]
  • 1986年(昭和61年) - 大和町工場に油圧機器工場完成・稼動開始[2]
  • 1994年(平成6年) - 第1000番船引渡[2]東日本フェリー発注のフェリー「びなす (2代)
  • 2005年(平成17年) - 世界最大の耐震実験施設「E-ディフェンス」(実大三次元震動破壊実験施設)を製作[2]
  • 2006年(平成18年) - 大和町工場に航空機工場完成[2]
  • 2007年(平成19年) - 新舟艇工場(H棟)完成[2]
  • 2015年(平成27年) - 大和町工場の航空機工場拡張工事完成[3]

主な製品[編集]

艦船[編集]

艦艇[編集]

特殊船・作業船[編集]

  • 白鳳丸 (初代) - 1967年引渡、 国内最高水準の海洋研究船
  • 黒潮丸 (ケーブル敷設船) - 1975年引渡、世界初の自動化ケーブル敷設船
  • すばる (ケーブル敷設船) - 1999年引渡、国内最大級の海底ケーブル敷設船
  • 光洋丸 (ケーブル敷設船) - 1984年引渡、世界初の海底光ケーブル用ケーブル敷設船
  • 航洋丸 - 1998年引渡、国内最大能力の海難救助兼引船

旅客船[編集]

ゆにこん
  • シーホーク (初代) - 1977年引渡、東海汽船発注、世界最大級の軽合金製大型高速旅客艇
  • PEGASUS VI - 1981年引渡、超豪華モーターヨット
  • ヴォイジャー (遊覧船) - 1990年引渡、世界初のハイ・スティブル・キャビン・クラフト(HSCC)
  • レインボー (水中翼船) - 1993年引渡、隠岐汽船発注、世界初のディーゼル機関搭載双胴型水中翼船
  • EUROPEAN CAUSEWAY - 1999年引渡、日本の造船所としては14年ぶりとなる輸出フェリー

フェリー

貨客船[編集]

産業機械[編集]

  • 油圧機器
  • 試験装置
  • エアヒータ
  • 甲板機械

航空機部品[編集]

下関造船所史料館[編集]

造船所内には、下関造船所史料館が設置されており、電気溶接導入以前に使用されていた鋲打機、船舶模型、創業期の記録写真など、創業以来の貴重な史料が保存・展示されている。

  • 開館日:月曜から金曜(祝日除く)
  • 開館時間:8時 - 17時

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平川昌範 (2014年11月26日). “三菱下関造船所100年:1世紀の歴史刻む 造船不況背景に 生き残りかけた大型フェリー”. 毎日新聞 (毎日新聞社). http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20141126ddlk35020449000c.html 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 下関造船所の沿革”. 三菱重工業ウェブサイト. 三菱重工業株式会社. 2015年11月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月25日閲覧。
  3. ^ a b “下関造船所の航空機工場拡張工事が完成 ボーイング787向け複合材主翼の補強用部材増産へ” (プレスリリース), 三菱重工業株式会社, (2015年9月16日), オリジナル2015年11月24日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20151124181459/http://www.mhi.co.jp/news/story/1509165682.html 2015年11月25日閲覧。