三菱重工業高砂研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
三菱重工業 > 三菱重工業高砂研究所

三菱重工業高砂研究所(みつびしじゅうこうぎょうたかさごけんきゅうじょ)とは、兵庫県高砂市内にある三菱重工業の主力研究所である。

概要[編集]

神戸造船所の研究施設から独立。元々は材料試験や流体科学、原子力を中心に扱っていた。神戸造船所が造船のほか原子力機器を、高砂製作所が発電施設、大型原動機などの回転機器を主に製作しており、現在はその分野の研究も扱う。

  • ジェットエンジン、タービンなど回転機器に関する技術
  • 原子力プラントに関する技術、プラント制御技術
  • 交通システム技術
  • 材料評価技術

沿革[編集]

明治41年(1908年)、神戸造船所内に化学分析チーム発足。
昭和14年(1939年)、神戸造船所内の研究課となる。流体力学、材料試験場を併せ持つ。
昭和36年(1961年)、明石地区に移転。
昭和39年(1964年)、神戸造船所から独立。本社直属神戸研究所となる。
昭和47年(1972年)、茨城県東海村に東海試験場を設置。
昭和49年(1974年)、高砂研究所に改名。
平成2年(1990年)、東海試験場をニュークリア・デベロップメント株式会社として分離。

データ[編集]

住所[編集]

アクセス[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯34度45分13.6秒 東経134度47分21.2秒