三菱重工相模原ダイナボアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
三菱重工業 > 三菱重工相模原ダイナボアーズ
三菱重工相模原ダイナボアーズ
原語表記 三菱重工相模原ダイナボアーズ
クラブカラー     
愛称 ダイナボアーズ
創設年 1981年
グラウンド 三菱重工相模原グラウンド
代表者 御子神隆
監督 佐藤喬輔
所属リーグ ジャパンラグビートップチャレンジリーグ
チームカラー
公式サイト
http://www.mhi.co.jp/gsh/dynaboars/
テンプレートを表示

三菱重工相模原ダイナボアーズ(みつびしじゅうこうさがみはらだいなぼあーず、アルファベット表記:Mitsubishi Heavy Industries Sagamihara DYNABOARS)は、神奈川県相模原市に本拠地を置くラグビーチーム。外国人選手以外はすべて三菱重工社員で構成されている。ホームグラウンドは、三菱重工相模原グラウンド。[1]他にも定期的に相模原麻溝公園競技場でトップイースト公式戦を行われている。

概要[編集]

  • チーム愛称は「ダイナボアーズ」(「ダイナミック」+の英名「BOAR」からなる造語)。2007年にトップリーグ昇格を機に命名された。
  • チームキャラクターは「ダイボ君」。
  • 活動理念
    • 「ラグビーを通じて、すべての人々と、夢と感動をわかちあう」
  • チームミッション
    • 常に最高のプレーを追求し、より高い目標に向かって挑戦し続ける
    • チーム全員がラグビーを愛し、ラグビーの普及と振興に貢献する
    • 子供たちに夢と勇気を与えるラグビーチームを目指す
    • 「相模原」の名をラグビーを通じて全国に発信し、親しまれることにより地域に貢献する
    • ラグビーを通じて地域との交流を深め、人々から真に愛されるチームを目指す

歴史[編集]

1981年に発足。6年後には関東社会人リーグ2部ブロック初優勝。1988年に1部に昇格。その後は1部で活躍も同率優勝が3度あったが、2001年のチャレンジリーグ[2]秩父宮)で新日鉄釜石を1点差で破り、悲願の東日本社会人リーグに昇格するも、7戦全敗で1部に降格した。その後はトップイースト10に参戦する。

2006年度のトップイースト11で優勝を果たし、トップチャレンジでは九州電力に敗れたものの、近鉄に32-31の僅差で勝利。神奈川県のチームとしては初となるトップリーグ昇格を果たした。しかし2007年度トップリーグにおいては「ディフェンス力、取れる状況でスコアに結び付けられない精度の低さ」(相良南海夫監督)などにより、東日本社会人リーグに続いてまたも全敗(勝ち点3)最下位となり、トップイースト11に自動降格となってしまった。その後はトップイーストで屈指の強豪として君臨するものの、トップリーグ入替戦では5年連続で敗退しているが、2017-18シーズンからはトップチャレンジリーグに参戦する。

チームミッションの通り、2012年に新設された相模原市ホームタウンチーム認定制度の第一号に選ばれるなど、地域での普及活動や社会貢献活動にも熱心である。

成績[編集]

リーグ戦戦績[編集]

  • 1993-1994シーズン 関東社会人リーグ1部 優勝[3]
  • 1994-1995シーズン 関東社会人リーグ1部 優勝[4]
  • 1996-1997シーズン 関東社会人リーグ1部 準優勝(6勝1敗)
  • 1997-1998シーズン 関東社会人リーグ1部 6位(3勝4敗)
  • 1998-1999シーズン 関東社会人リーグ1部Aグループ 3位(5勝2敗)
  • 1999-2000シーズン 関東社会人リーグ1部Aグループ 4位(4勝3敗)
  • 2000-2001シーズン 関東社会人リーグ1部Aグループ 準優勝(6勝1敗)、東日本社会人リーグへ昇格
  • 2001-2002シーズン 東日本社会人リーグ 8位(7敗)、関東社会人リーグ1部へ降格
  • 2002-2003シーズン 関東社会人リーグ1部Aグループ 4位(5勝2敗)、トップイースト10へ参入
  • 2003-2004シーズン トップイースト10 準優勝[5](7勝2敗)
  • 2004-2005シーズン トップイースト10 準優勝(8勝1敗)、トップチャレンジ2・3位、トップイースト10残留
  • 2005-2006シーズン トップイースト10 準優勝[6] (8勝1敗)
  • 2006-2007シーズン トップイースト11 優勝(10勝)、トップチャレンジ1・2位、トップリーグへ自動昇格
  • 2007-2008シーズン トップリーグ 14位(13敗)、トップイースト11へ自動降格
  • 2008-2009シーズン トップイースト11 3位(7勝3敗)
  • 2009-2010シーズン トップイーストリーグ 3位(8勝3敗)
  • 2010-2011シーズン トップイーストリーグ 3位(9勝2敗)
  • 2011-2012シーズン トップイーストリーグDiv.1 3位(7勝1敗1分)
  • 2012-2013シーズン トップイーストリーグDiv.1 準優勝(8勝1敗)、トップチャレンジ2・1位、トップチャレンジ1・4位、トップリーグ入替戦・敗戦、トップイーストリーグDiv.1残留
  • 2013-2014シーズン トップイーストリーグDiv.1 優勝(9勝)、トップチャレンジ1・3位、トップリーグ入替戦・敗戦、トップイーストリーグDiv.1残留
  • 2014-2015シーズン トップイーストリーグDiv.1 優勝(9勝)、トップチャレンジ1・2位、トップリーグ入替戦・敗戦、トップイーストリーグDiv.1残留
  • 2015-2016シーズン トップイーストリーグDiv.1 優勝(9勝)、トップチャレンジ1・2位、トップリーグ入替戦・敗戦、トップイーストリーグDiv.1残留
  • 2016-2017シーズン トップイーストリーグDiv.1 優勝(9勝)、トップチャレンジ1・2位、トップリーグ入替戦・敗戦、ジャパンラグビートップチャレンジリーグへ参入

獲得タイトル[編集]

所属選手(2015-2016)[編集]

[7]

  • 主将 西舘健太
ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
PR 成昴徳 帝京大
小松学 法政大
佐々木駿 日本体育大
竹井勝彦 帝京大
藤田幸仁 中央大
伊藤雄大 早稲田大
シリベヌシ・ナウランギ 大東文化大
HO 杉本剛章 明治大
鹿田翔平 流通経済大
安藤悠稀 岐阜工業高
北村彦樹 中央大
LO 村上崇 大船渡工業高
山本健太 大東文化大
井上雄大 法政大
内田健太 法政大
菅原貴広 帝京大
徳田亮真 柏原高
比果義稀 明治大
井坂健人 中央大
三輪谷悟士 慶應義塾大
福地亮太 青山学院大
ダニエル・リンディー クイーンズランド大
FL 中村拓樹 早稲田大
堀越健介 同志社大
中川ゴフ・アレキサンダアキラ オタゴ大
小川知樹 関西学院大
No.8 李眩羽 檀国大
ミロ・デイビッド セントポールズ大
ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
SH 西舘健太 流経大柏高
芝本裕吏 御所工業高
下村真太朗 明治大
山本逸平 拓殖大
SO 阿久田健策 朝日大
ハミッシュ・ガード カンタベリー大
WTB パトリス・オリビエ エクトールギマール高 ?
椚露輝 山梨学院大
大庭侑馬 大東文化大
茅原権太 関西高
CTB ライアン・ニコラス オタゴ大 35
ロコツイ・シュウペリ 拓殖大
安井慎太郎 日本大
太田千博 関東学院大
原岡賢 日本大
レポロ・テビタ 山梨学院大
藤澤典迪 流通経済大
平岡航 国士舘大
FB 大和田祐司 山梨学院大
青木和也 日本体育大
野田大輔 佐賀工業高
棚橋宗一郎 専修大

在籍した選手[編集]

三菱重工業のスポーツチーム[編集]

現在活動している三菱重工業のスポーツチーム
かつて活動していた三菱重工業のスポーツチーム

脚注[編集]

  1. ^ TEAM PROFILE
  2. ^ 2000年度 東日本社会人チャレンジリーグ
  3. ^ 東京ガスと共に同率優勝
  4. ^ 日本IBMと共に同率優勝
  5. ^ トップイーストプレーオフで3位の釜石シーウェイブスに敗れ、トップチャレンジ2への出場はならなかった。
  6. ^ トップイーストプレーオフで3位のNTT東日本に敗れ、トップチャレンジ2への出場はならなかった。
  7. ^ 選手・スタッフ

関連項目[編集]