三菱重工長崎サッカー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
三菱重工業 > 三菱重工長崎サッカー部
三菱重工長崎サッカー部
原語表記 三菱重工業長崎サッカー部
呼称 三菱重工長崎
愛称 MHI-SC
クラブカラー     
創設年 1947年
所属リーグ 長崎県サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 長崎県長崎市
ホームスタジアム かきどまり陸上競技場(1).JPG長崎市総合運動公園かきどまり陸上競技場
収容人数 5,770
監督 安部真一
公式サイト 公式サイト
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

三菱重工長崎サッカー部(みつびしじゅうこうながさきさっかーぶ)は、長崎県長崎市を本拠地とするサッカーの実業団チームである。三菱重工長崎SCとも。

歴史[編集]

1947年に発足。

1982年九州サッカーリーグがそれまでの8チームから10チーム体制に拡大した際に同リーグに参入、初年度は7位。翌年の1983年には3位と躍進したが、それ以外は1990年に再び3位となった以外は、3度の5位を除き下位に低迷。

1993年シーズンには最下位となり長崎県リーグに降格するが、1年で九州リーグに復帰した。

1995年の復帰後も最高で6位が2回、それ以外は下から数えた方が速い順位に低迷しているが、時として優勝を狙うチームを倒す「ジャイアントキラー」ぶりを発揮する事がある。

長年に渡って長崎県勢として唯一の九州リーグ参戦チームであったが、2005年V・ファーレン長崎が発足してからは、V・ファーレンが将来のJリーグ参入を表明し、さらに2009年からJFLに昇格したこともあり、後塵を拝する形となっている。

2012年には九州リーグで22年ぶりに3位に入る躍進を見せたが、2017年は11チーム中10位に終わり、24年ぶりに長崎県リーグへ降格となった。

全国社会人サッカー選手権には1983年の第19回大会に初出場。以降20・36・47484950回の計7回出場。

2014年第50回大会では持ち前のジャイアントキラーぶりを大いに発揮。1回戦でFC刈谷、2回戦でコバルトーレ女川、3回戦で奈良クラブJFLJリーグ参入を目指すクラブを相次いで破り、4位に入る大健闘を見せた。

天皇杯1997年第77回大会に初出場。以降7882848588939495回の計9回出場。

78・82・84・93・94・95回大会は初戦で敗退。77・85・88回では1回戦を突破したものの、いずれも2回戦で敗れた。なお76・85回大会1回戦の対戦相手はいずれも初芝橋本高校であり、88回大会1回戦におけるデッツォーラ島根戦での勝利が、同全国大会での対社会人初勝利となった。

戦績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 勝(PK勝) (PK敗)敗 得点 失点 得失
1982 九州 7位 9 9 4 1 4 21 20 1
1983 3位 12 7 5 2 2 30 16 14
1984 5位 10 9 4 2 3 13 10 3
1985 9位 4 9 1 2 6 6 17 -11
1986 9位 7 9 2 3 4 7 13 -6
1987 9位 5 9 1 3 5 7 13 -6
1988 7位 8 9 2 4 3 6 11 -5
1989 5位 9 9 2 5 2 8 7 1
1990 3位 14 9 6 2 1 15 8 7
1991 5位 31 20 9 4 7 33 31 2
1992 8位 16 18 3 7 8 21 29 -8
1993 10位 12 18 4 0 14 23 54 -31
1994 長崎県1部
1995 九州 9位 16 18 4 (2) - (2) 10 25 53 -28
1996 6位 20 16 5 (2) - (1) 8 25 35 -10
1997 9位 17 18 4 (2) - (1) 11 27 56 -29
1998 9位 17 18 3 (3) - (2) 10 23 52 -29
1999 7位 21 18 6 (1) - (1) 10 34 40 -6
2000 8位 24 18 6 (2) - (2) 8 24 38 -14
2001 6位 27 18 8 (0) - (3) 7 40 33 7
2002 8位 16 18 3 (3) - (1) 11 21 37 -16
2003 9位 24 22 5 (3) - (3) 11 31 55 -24
2004 9位 11 18 3 (1) - (0) 14 34 55 -21
2005 9位 10 18 2 (2) - (0) 14 14 55 -41
2006 7位 12 16 4 (0) - (0) 12 27 41 -14
2007 7位 26 20 8 (0) - (2) 10 33 54 -21
2008 9位 9 18 2 (1) - (1) 14 20 60 -40
2009 8位 12 16 2 (2) - (2) 10 13 37 -24
2010 6位 18 16 5 (0) - (3) 8 27 39 -12
2011 6位 23 18 5 (2) - (4) 7 25 36 -11
2012 3位 37 18 11(1) - (2) 4 42 25 17
2013 7位 20 18 5(2) - (1) 10 33 41 -8
2014 5位 33 18 10 - (3) 5 50 21 29
2015 5位 24 18 7(1) - (1)9 24 30 -6
2016 9位 4 9 1(0) - (1)7 6 19 -13
2017 10位 13 20 3(0) - (4)13 21 44 -23
2018 長崎県1部 4位 14 9 4 2 3 28 23 +5
2019 3位 18 8 6 0 2 31 10 21

主な成績・タイトル[編集]

リーグ戦[編集]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

所属選手・スタッフ[編集]

2016年

スタッフ[編集]

役職 名前 前職 備考
総監督 日本の旗 根橋和文 三菱重工長崎SC 監督
監督 日本の旗 安部真一 鎮西高校 選手兼監督

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 井川龍馬 佐世保工業高校
15 日本の旗 穴井将也 宮崎産業経営大学
21 日本の旗 磯野佑介 KSSCサッカー部
30 日本の旗 平山優樹 城西国際大学
DF 2 日本の旗 辻純治 長総大附高校
3 日本の旗 浜本拓哉 日本の旗 七隈トンビーズ
5 日本の旗 金子秋仁 国見高校
7 日本の旗 永田歩 鎮西学院高校
24 日本の旗 浜田健豊 国見高校
25 日本の旗 町田建太 諫早商業高校
26 日本の旗 山崎達也 九州共立大学
28 日本の旗 小森田友明 日本の旗 ギラヴァンツ北九州
31 日本の旗 古川隼人 長崎大学
MF 6 日本の旗 土本渉 島原商業高校
8 日本の旗 假屋健太 福岡大学
10 日本の旗 安部真一 鎮西高校 選手兼監督
11 日本の旗 澤久尚斗 長総大附高校
13 日本の旗 坂本昌哉 九州産業大学
14 日本の旗 幸野屋敏行 日本の旗 デッツォーラ島根EC
16 日本の旗 江濱信介 九州産業大学
22 日本の旗 田上渉 日本の旗 HOYO大分
29 日本の旗 中尾和弘 日本経済大学
FW 4 日本の旗 植木二朗 日本の旗 高知UトラスターFC
9 日本の旗 葉山秀一 佐世保工業高校
13 日本の旗 岩永敏樹 諫早商業高校
17 日本の旗 熊谷智哉 日本の旗 V・ファーレン長崎
18 日本の旗 品川育寛 日本の旗 クルゼイロジャパンFC
23 日本の旗 平山洋平 長崎大学
27 日本の旗 西尾浩太郎 瓊浦高校

歴代所属選手[編集]


関連項目[編集]