三菱銀行本店 (建築物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三菱銀行本店
Mitsubishi ginko honten 1.jpeg
情報
用途 銀行
設計者 桜井小太郎・他
建築主 三菱銀行
事業主体 三菱銀行
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造
建築面積 2,819.83 m²
※853坪
延床面積 9,672.73 m²
※2,926坪
階数 地下室付4階建て
着工 1916年(大正5年)5月
竣工 1922年(大正11年)3月31日
改築 1977年(昭和52年)4月解体
所在地 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
備考 旧館
テンプレートを表示
三菱銀行本店
Mitsubishi ginko honten shinkan.jpeg
情報
用途 銀行
施工 大林組
建築主 三菱銀行
事業主体 三菱銀行
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造
敷地面積 10,795.134 m²
※3,265坪528
建築面積 2,710.453 m² (建蔽率25%)
※819坪912
延床面積 13,715.607 m² (容積率127%)
※4,148坪971
階数 地下1階、地上5階
高さ 地上より扶壁上端まで73尺75、地上より塔屋最高部まで84尺10
着工 1934年(昭和9年)7月1日
竣工 1937年(昭和12年)3月31日
改築 1977年(昭和52年)4月解体
所在地 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
備考 新館
テンプレートを表示
三菱UFJ銀行本店
Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ 2018.jpg
施設情報
所在地 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
座標 北緯35度40分43.27秒 東経139度45分51秒 / 北緯35.6786861度 東経139.76417度 / 35.6786861; 139.76417
状態 完成
着工 1977年(昭和52年)11月
開業 1980年(昭和55年)7月14日
用途 事務所
地上高
高さ 110.65m
各種諸元
階数 高層棟地下5階・地上24階、低層棟地下5階・地上3階
敷地面積 10,808.80[1]
延床面積 122,296.37[1]
構造形式 S造、地下SRC造[1]
関連企業
設計 三菱地所[2]
施工 竹中工務店戸田建設大林組三菱建設共同企業体[1]
所有者 三菱UFJ銀行
テンプレートを表示

本項では、三菱銀行およびその後身である三菱UFJ銀行の本店(銀行建築)について記載する。

沿革[編集]

1919年(大正8年)8月に発足した三菱銀行は、その前身である第百十九国立銀行が本店を置いた東京府東京市麹町区八重洲町一丁目1番地(現・東京都千代田区丸の内二丁目6番2号)の三菱東9号館(三菱旧1号館)に本店を構えた[3]

その後、同町二丁目3番地(後の麹町区丸ノ内二丁目5番地1、東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)の地所において、三菱合資会社銀行部時代の1916年(大正5年)5月12日に基礎工事に入り、建築中であった2代目本店が1922年(大正11年)3月31日竣功した。これによって、三菱銀行は同年4月18日落成式挙行の上、同年5月1日に本店を移転した[3]。さらに、業容の拡大を踏まえ、1934年(昭和9年)7月1日より新館の増築に着手し、1937年(昭和12年)3月31日その全工程が竣工した[4]

戦後[編集]

戦後、銀行業務の質や量の変化、拡大する中において、1937年に竣工の2代目本店ではその必要機能を満たし得なくなり、また耐久上の欠陥も判明した。このため三菱銀行は、新本店の建設計画に着手[1]1977年(昭和52年)4月から旧館・新館の解体に入り、同年11月に工事が着工。1980年(昭和55年)7月14日に竣工し、その後、3代目本店は供用を開始した[5]

1996年(平成8年)4月、三菱銀行が東京銀行吸収合併して東京三菱銀行2006年(平成18年)1月には、同行がUFJ銀行を吸収合併して三菱東京UFJ銀行(2018年4月、三菱UFJ銀行に商号変更)がそれぞれ発足した。行名は変わったが、3代目本店は移ろうことなく銀行本店として今日まで使用されている。

なお、3代目本店は三菱UFJフィナンシャル・グループの発足以来の本社でもあるが、前身の三菱東京フィナンシャル・グループ丸の内ビルディング(2代目)に本社を置いていた。

建築概要[編集]

初代本店の三菱東9号館についてはそれを参照のこと。

2代目本店旧館の設計は桜井小太郎が手がけ、工事費は3,800,000円であった[3]、新館は三菱合資会社地所部の設計によるもので、工事費は5,227,000円であった[4]

3代目本店の敷地面積は10,808.80平方メートルにして高さは110メートル、構造は鉄骨構造並びに一部鉄骨鉄筋コンクリート構造である。高層、低層ともファサードの彫りの深さを充分にとり、形の上で建物(2代目本店)との連続性を求め、光と影のリズムによって、端正で明るく、静かな建物を表現した[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『近代建築』1981年2月号
  2. ^ 設計部門は現在分社化され、三菱地所設計
  3. ^ a b c 『三菱銀行史 復刻版』 176-180頁
  4. ^ a b 『三菱銀行史 復刻版』 240-244頁
  5. ^ 『続三菱銀行史』 232-234頁、593-594頁

参考文献[編集]