三谷商事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三谷商事株式会社
MITANI CORPORATION
三谷商事 福井本社ビル
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
910-8510
福井県福井市豊島一丁目3番1号
北緯36度3分27.2秒
東経136度13分14秒

東京本社
〒100-0005
東京都千代田区丸の内一丁目6番5号
丸の内北口ビル 2F
設立 1946年3月20日
業種 卸売業
法人番号 7210001004022
事業内容 情報システム事業
建設事業(建設資材)
エネルギー事業
代表者 代表取締役社長 三谷聡
資本金 50億0869万円
発行済株式総数 31,602,137株
売上高 単独 3400億97百万円
連結 4213億46百万円
(2013年3月期)
純資産 単独 583億30百万円
連結 822億01百万円
(2013年3月期)
総資産 単独 1426億75百万円
連結 1908億56百万円
(2013年3月期)
従業員数 単独 488人、連結 1891人
(2013年3月31日時点)
決算期 3月31日
主要株主 財団法人三谷進一育英会 7.11%
三谷セキサン株式会社 7.01%
(2013年3月31日時点)
主要子会社 関連会社を参照
外部リンク https://www.mitani-corp.co.jp/
テンプレートを表示

三谷商事株式会社(みたにしょうじ)は、福井県福井市東京都千代田区に本社を置き、主に情報システム、建設業風力発電などエネルギーに関する事業[1]を展開する日本商社である。

東京証券取引所第2部上場企業。創業100年を超える老舗企業で、特にセメント生コンクリートの販売は商社では日本一である。近年ではIT関連に注力しており、シニアライフ事業、風力発電事業などの新規事業にも積極的である。

兄弟企業である三谷セキサンと合わせると売上高4,000億円を超える三谷グループを形成する。半導体不動産自動車販売、ケーブルテレビガソリンスタンド経営(出光昭和シェル)、リース業、オフィス設計などを展開している。

沿革[編集]

  • 1914年 - 創業。
  • 1921年 - 三谷合名会社を設立。
  • 1928年 - 三谷商事株式会社に変更。
  • 1942年 - 会社解散。
  • 1946年3月 - 会社再建。
  • 1963年12月 - 大阪証券取引所第2部上場。
  • 2000年2月 - 東京証券取引所2部上場。
  • 2001年12月 - 北日本電子株式会社を子会社化。
  • 2005年3月 - 日本ビソー株式会社を子会社化。
  • 2006年
    • 3月 - コマツトライリンク株式会社(現・株式会社ケィティーエル)を子会社化。
    • 11月 - 石川ライフクリエート株式会社(現・スプリングライフ金沢株式会社)を子会社化。
  • 2007年9月 - 鶴見石油株式会社を子会社化。
  • 2010年
    • 3月 - 北日本電子株式会社を清算。
    • 6月 - 株式会社ウィンド・パワー・いばらきの第三者割当増資を引き受け子会社化。
    • 12月 - 株式会社ウィンド・パワーの第三者割当増資を引き受け子会社化。
  • 2012年4月10日 - ガソリンスタンドにおける販売が独占禁止法に違反(不当廉売)している疑いで、公正取引委員会の立ち入り検査を受ける[2][3][4]。翌年の2013年1月10日に、公正取引委員会は子会社のミタニに対し警告を行った[5][6]
  • 2013年9月 - シンガポールの現地法人Mitani Singapore Holdings Pte.Ltd.を設立。
  • 2014年3月 - 睦栄風力発電株式会社を設立。
  • 2018年1月22日 - ODA専門商社のシリウスを買収[7][8]
  • 2019年11月28日 - シンガポールの畜産飼料専門商社MJIユニバーシャルの子会社化発表[9]

主な事業[編集]

関連会社[編集]

詳細は、公式サイトの主なグループ会社を参照。

連結子会社[編集]

日本国内

地名記載がないものは福井県福井市に本社を置いている。

日本国外
  • Mitani Singapore Holdings Pte. Ltd.(シンガポール
  • Dama Trading Pte. Ltd(シンガポール)
  • KLT Group(シンガポール)
  • Son Ha Spice & Flavorings Co.,LTD.(ベトナム

持分法適用関連会社[編集]

過去の関連会社[編集]

  • ケイティーエル - 2016年に丸文へ譲渡。

なお、同じく三谷合名会社を起源とする三谷産業ならびに敦賀セメントとは、資本上の親子関係はない。

脚注[編集]

  1. ^ エネルギー・生活関連事業三谷商事(2019年12月30日閲覧)
  2. ^ “ガソリン不当廉売の疑い 公取委、三谷商事などに立ち入り”. 『日本経済新聞』. (2012年4月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1000Z_Q2A410C1CC0000/ 2019年8月28日閲覧。 
  3. ^ “ガソリン不当廉売 公取委が初の立ち入り”. 日テレNEWS24. (2012年4月10日). http://www.news24.jp/articles/2012/04/10/06203576.html 2019年8月28日閲覧。 
  4. ^ ガソリン原価の実態、不当廉売容疑で30年ぶりの立ち入り検査”. 東洋経済オンライン (2012年5月17日). 2019年8月28日閲覧。
  5. ^ “(平成25年1月10日)福井県の4市において給油所を運営する石油製品小売業者に対する警告等について” (プレスリリース), 公正取引委員会, (2013年1月10日), https://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h25/jan/130110-1.html 2019年8月28日閲覧。 
  6. ^ “ガソリン不当廉売で警告 公取委、福井の会社に”. 『日本経済新聞』. (2013年1月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG10028_Q3A110C1CR8000/ 2019年8月28日閲覧。 
  7. ^ “子会社の異動(株式取得)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 三谷商事, (2018年1月22日), https://www.mitani-corp.co.jp/release/20180122sirius.pdf 2019年8月28日閲覧。 
  8. ^ “三谷商事、ODA専門商社買収、医療機器販売に強み”. 『日本経済新聞』. (2018年1月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25981770S8A120C1LB0000/ 2019年8月28日閲覧。 
  9. ^ 「三谷商事、畜産用配合飼料商社のMJI取得」NNA(2019年11月29日)2019年12月30日閲覧

参考文献[編集]

  • 第96期 有価証券報告書