三谷産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三谷産業株式会社
MITANI SANGYO CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8285
2014年2月17日上場
名証1部 8285
1988年7月8日上場
本社所在地 日本の旗 日本
920-8685
石川県金沢市玉川町1番5号
設立 1949年8月11日
業種 卸売業
法人番号 5220001006845
事業内容 情報システム樹脂エレクトロニクス製品、化学品、空調設備工事
代表者 代表取締役社長 三谷 忠照
資本金 37億200万円
売上高 単体31,761百万円
連結67,735百万円
(2016年3月期)
営業利益 単体512百万円
連結1,953百万円
(2016年3月期)
純利益 単体618百万円
連結1,353百万円
(2016年3月期)
純資産 単体19,568百万円
連結25,952百万円
(2016年3月現在)
総資産 単体39,558百万円
連結57,593百万円
(2016年3月現在)
従業員数 連結 2200名
単体 445名
(2014年3月現在)
決算期 3月31日
主要株主 三谷 充 20.22%
関係する人物 日下公人
外部リンク www.mitani.co.jp
テンプレートを表示

三谷産業株式会社(みたにさんぎょう)は、情報システム、化学品の販売など多角的に事業を展開する石川県の企業。石炭コークスセメントを販売する三谷合名会社の金沢出張所として1928年に創業した。

主要事業[編集]

6つの事業セグメントを持ち、多岐にわたる事業を展開している。

  • 情報システム関連
  • 樹脂・エレクトロニクス関連
  • 化学品関連
  • エネルギー関連
  • 空調設備工事関連
  • 住宅設備機器関連

沿革[編集]

  • 1928年昭和3年) - 金沢市木ノ新保において三谷合名会社金沢出張所として創業。
  • 1943年(昭和18年) - 三谷産業株式会社と改称。
  • 1949年(昭和24年) - 三谷石炭株式会社設立。
  • 1951年(昭和26年) - 三谷石炭株式会社が三谷産業株式会社を吸収合併し、同時に現在の三谷産業株式会社に商号変更。
  • 1952年(昭和27年) - 東京営業所(現・東京本社)開設。
  • 1988年(昭和63年) - 名古屋証券取引所市場第二部に上場。
  • 1996年平成8年) - 旧東京支社を改組・再編成して東京本社を設置。
  • 2004年(平成16年) - 情報システム事業部が売上を過大計上し管理ポストに割当[1]
  • 2009年(平成21年) - 日医工株式会社との共同出資により、アクティブファーマ株式会社を設立。
  • 2014年(平成26年) - 東京証券取引所市場第二部に上場。
  • 2015年(平成27年)3月19日 - 東京証券取引所および名古屋証券取引所の市場第一部に指定替え[2]

主なグループ会社[編集]

  • 株式会社インフィル
  • 三谷産業コンストラクションズ株式会社
  • ディサークル株式会社
  • アクティブファーマ株式会社
  • 相模化成工業株式会社
  • 株式会社ミライ化成
  • 三谷産業イー・シー株式会社

など

関連会社[編集]

など

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 株式会社北国新聞社 (2004年10月27日). “三谷産業、社内規定違反し取引 特別損失39億円を計上” (日本語). 2012年5月22日閲覧。
  2. ^ 石井真暁(2015年3月20日). “三谷産業が1部上場 東証と名証”. 北陸中日新聞 (中日新聞社)