三谷英夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三谷英夫
生誕 (1939-07-04) 1939年7月4日(80歳)[1]
日本の旗 日本 大阪府堺市[1]
居住 日本の旗 日本
研究分野 歯科矯正学
研究機関 大阪歯科大学
出身校 大阪歯科大学
イリノイ大学大学院歯学研究科修士課程 
主な受賞歴 日本歯科医学会会長賞(2002年度教育部門)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

三谷 英夫(みたに ひでお、1939年7月4日- )は日本歯科医師歯学者。前東北大学副総長、東北大学歯学部学部長

経歴[編集]

1958年大阪府立天王寺高等学校1964年大阪歯科大学卒業後、1969年にイリノイ大学大学院歯学研究科修士課程を修了[1]。以後、東京医科歯科大学歯学部附属病院矯正科医員(1969年)、東京医科歯科大学歯学部矯正科助手(1971年)、イリノイ大学歯学部歯科矯正学講座助教授(1972年)、主任教授代行(1973年)、東北大学歯学部附属病院矯正科講師(1977年)、東北大学歯学部歯科矯正学講座助教授(1978年)を経て1984年東北大学歯学部歯科矯正学講座教授に就任[1]

1995年には東北大学歯学部学部長・大学院歯学研究科研究科長に、2000年11月には東北大学副総長に就任[1]。2003年に定年退官した[1]

著書[編集]

  • Earl W.Renfroe『エッヂワイズ法』訳 三谷英夫、書林、1977年6月。NCID BN04360105
  • Raymond C. Thurow『アトラス歯科矯正学の基本理論』訳 三谷英夫、書林、1979年6月。NCID BN00708622
  • Robert M. Riketts 他『生発達治療法 : 歯科矯正学 : バイオプログレッシブ セラピィ』訳 三谷英夫、ロッキーマウンテン モリタ、1980年6月。NCID BN08245798
  • 桑原聡、三谷英夫「第6章 顎関節症 小児 各論 顎関節症を伴う若年者不正咬合に対する矯正学的対応」『顎関節症 治療のポイント50』藍稔、岡達、医歯薬出版〈月刊「歯界展望」別冊〉、1990年8月。NCID BN09925787
  • 『咬合の生涯維持』三谷春保、関根弘、三谷英夫、クインテッセンス出版〈別冊 ザ・クインテッセンス〉、1992年1月10日。ISBN 978-4-87417-373-2。NCID BN07046297
  • 三谷英夫「3.生理的視点からの臨床における咬合 歯科矯正学から生理的咬合を考える―咬合形成とその安定性にかかわる生理的条件―」『生理的咬合へのアプローチ』川添堯彬、川和忠治、森本俊文、医歯薬出版歯界展望 別冊〉、1992年8月。NCID BN15789457
  • 『アドバンスシリーズ〔2〕顎機能障害 新しい診断システムと治療指針』坂東永一、三谷英夫、上村修三郎、中沢勝宏、医歯薬出版、1993年12月。ISBN 978-4-263-45162-5。NCID BN10200759
  • 『咬合に関する社会の認識と歯学の進歩』三谷春保、関根弘、三谷英夫、クインテッセンス出版〈別冊 ザ・クインテッセンス〉、1994年2月10日。ISBN 978-4-87417-436-4。NCID BN10784252
  • 菅原準二、川村仁『現代外科的矯正治療の理論と実際』監修 三谷英夫、東京臨床出版、2000年10月。NCID BA49396952
  • 三谷英夫『青葉もゆる : わが、みちのく奮闘記』笹気出版、2013年6月。NCID BB13637125
  • 三谷英夫『矯正歯科治療エッジワイズ法入門』東京臨床出版、2015年6月。ISBN 9784887000766。NCID BB18929740
  • 三谷英夫『矯正治療のためのアトラス咬合と顎顔面頭蓋のバイオメカニクス』東京臨床出版、2015年10月。ISBN 9784887000780。NCID BB2004648X

科学研究費補助金研究成果報告書[編集]

  • 研究代表者 三谷英夫『骨代謝における血小板活性化因子(PAF)の役割に関する研究』〈科学研究費補助金(一般研究C)研究成果報告書〉、1989年3月。NCID BB12415671
  • 研究代表者 三谷英夫『骨改造機構における骨芽細胞と骨髄細胞の相互作用因子の解析』〈科学研究費補助金(一般研究C)研究成果報告書〉、1991年3月。NCID BB12204257
  • 研究代表者 三谷英夫『破骨細胞の分化誘導過程における接着因子発現の役割の解明』〈科学研究費補助金(一般研究C)研究成果報告書〉、1993年3月。NCID BB11907681
  • 研究代表者 三谷英夫『改良型MD(CXD)法を用いた骨塩定量と下顎残余成長量の予測』〈科学研究費補助金(一般研究(B))研究成果報告書〉、1995年3月。NCID BB11025321
  • 研究代表者 三谷英夫『ポジトロンCT(PET)を用いた不正咬合者の咀嚼運動時脳血流動態の解析』〈科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書〉、1997年3月。NCID BB10670022
  • 研究代表者 三谷英夫『矯正治療に伴う歯根吸収のリスクファクターの診断法と予防法に関する総合的研究』〈科学研究費補助金(基盤研究(A)(2))研究成果報告書〉、1998年3月。NCID BB02785095
  • 研究代表者 三谷英夫『歯根膜における一酸化窒素の役割に関する研究』〈科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))研究成果報告〉、2000年3月。NCID BB03027026
  • 研究代表者 三谷英夫『メカニカルストレスによる歯根膜細胞におけるMMPsの発現とその制御機構』〈科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書〉、2002年3月。NCID BB06349845
  • 研究代表者 三谷英夫『軟骨細胞のメカニカルストレス応答における細胞接着・細胞内情報伝達分子の相互作用』〈科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書〉、2002年3月。NCID BB06368395

所属学会[編集]


学職
先代:
柴崎好伸
第56回
1997年
東京国際フォーラム
日本矯正歯科学会学術大会 大会長
第57回
1998年
仙台国際センター宮城県スポーツセンター
次代:
丹根一夫
第58回
1999年
広島国際会議場

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f スタッフ”. 仙台矯正歯科クリニック. 2018年1月9日閲覧。
  2. ^ 名誉会員”. 日本口腔科学会. 2018年1月9日閲覧。